行定勲監督による“完全リモート映画”がHuluで配信 特別編には柄本佑、高良健吾との対談も収録

行定勲監督による“完全リモート映画”がHuluで配信 特別編には柄本佑、高良健吾との対談も収録

 行定勲監督と映像制作プロダクション「ROBOT」が製作したショートムービー『きょうのできごと a day in the home』『いまだったら言える気がする』が、6月6日よりHuluにて配信されることが決定した。

 『きょうのできごと a day in the home』『いまだったら言える気がする』は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、行定監督がROBOTと製作したショートムービー。世の人々に感染拡大を防ぐため「お家にいようよ」と呼びかけるべく、ボランティア出演に名乗りを上げたキャスト陣とともに、完全リモートで製作。現在、YouTubeにて公開されている。Huluでは本編に加えて、特別インタビューを収録した「Hulu特別編」も配信される。

 4月24日から公開された第1弾『きょうのできごと a day in the home』では、柄本佑、高良健吾、永山絢斗、アフロ(MOROHA)、浅香航大、有村架純が出演し、Zoomでオンライン同窓会をする若者たちの姿を描く。5月17日から公開された『いまだったら言える気がする』には、中井貴一と二階堂ふみ、アイドルグループ「BiSH」のアイナ・ジ・エンドが出演し、中井演じる小説家と二階堂演じるその恋人である女優の会話を軸に、“自粛生活下での大人のラブストーリー”を紡ぐ。

 両作のHulu特別編ではそれぞれ、本編終了後に行定監督、柄本佑、高良健吾の3人によるインタビュー映像を収録。3人はZoomを使用した完全リモート撮影を通して、初めて体験した面白さや難しさなどについて語っている。作品の公開後、媒体のインタビューをたくさん受けたという行定監督は、「いろんな人から『作品性として新しい』と言われたんだけど、僕の中では“作品としては不完全”なんです。でも、これも映画。この中だけの“特別な映画”なんだ、と」と語っている。

 さらに、第3弾作品『映画館に行く日』の製作も決定した。本作も完成次第、Huluにて限定配信される。詳細は後日の発表を予定している。行定監督からはコメントが寄せられている。

行定勲監督

 5月25日に非常事態宣言が全国的に解除となりました。これからは、コロナウイルスとうまく向き合いながら経済的な復興に向けたステージに入っていくと思います。今後は、本企画に賛同いただける事業者様との取り組みを通じて医療従事者の皆様、ミニシアター系の映画館などへ寄付を通じた支援をさせていただきたく、その第一弾として配信プラットフォーム「Hulu」より6月6日から2作品の配信することが決まりました。Huluから受け取ります配信許諾料は、一部経費を控除した後、その全額をしかるべき機関を通じて寄付させていただきます。引き続きチーム一同、映画の力を通じてコロナウィルス感染防止に貢献していきいと思っております。

■配信情報
『きょうのできごと a day in the home』(Hulu特別編)
 6月6日(土)からHuluで独占配信
監督・脚本:行定勲
出演:柄本佑、高良健吾、永山絢斗、アフロ(MOROHA)、浅香航大、有村架純
企画・脚本:伊藤ちひろ
プロデューサー:丸山靖博(ROBOT)、吉澤貴洋(セカンドサイト)
(c)2020SS/ROBOT

『いまだったら言える気がする』(Hulu特別編)
 6月6日(土)からHuluで独占配信
監督・脚本:行定勲
出演:中井貴一、二階堂ふみ、アイナ・ジ・エンド(BiSH)
企画・脚本:伊藤ちひろ
プロデューサー:丸山靖博(ROBOT)、吉澤貴洋(セカンドサイト)
(c)2020SS/ROBOT

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる