『アリバイ崩し承ります』浜辺美波、収録中にうたた寝 「勉強机と車の中がダメなんですよ」

『アリバイ崩し承ります』浜辺美波、収録中にうたた寝 「勉強机と車の中がダメなんですよ」

 ドラマ『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系)の制作発表記者会見が1月22日、よこはまコスモワールド(横浜市)で行われ、浜辺美波、安田顕、成田凌が出席。同番組の見どころや撮影時のエピソードを披露した。

 『おっさんずラブ』シリーズで注目の土曜ナイトドラマ枠。2020年第1作となる本作は、トリックの名手・大山誠一郎の同名小説を初ドラマ化。祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする美谷時乃(浜辺美波)が警察キャリアの察時(安田顕)とともにアリバイ崩しに挑む謎解きミステリーだ。

 登壇した浜辺は、「気負いすぎず、心強いお二人をはじめ、みなさんに身をゆだねて役のように天真爛漫に現場に向かっています」と挨拶。座長としての心がけを聞かれて、「体調管理にはすごく気を付けています。『インフルエンザ、ダメ。ゼッタイ。』という感じです。現場でも手を洗わずにつまみ食いをしないように気を付けています」と答えると、さっそく安田から「なぜ『ダメ。ゼッタイ』を付けるのか。つまみ食いだって、箸で食えばいいじゃないかと。いろいろとそういうところも含めて可愛らしい」といじられて、思わず苦笑い。「浜辺さんが何かを食べている状況を一度も見たことない」という成田の疑問には、「みなさんおわかりだと思いますけど、食べると睡魔が襲ってくるので」と説明した。

 アリバイを崩す名探偵にちなんで「これまでの人生でバレていない隠しごと」を発表するコーナーでは、「昨日(酒を)飲みすぎました」と先陣を切って安田が告白するも、「いつもより水を飲むなと思っていました」と成田に勘づかれていたことが発覚。捜査一課の若手刑事・渡海雄馬を演じる成田は、「第3話の撮影中、ちょっと髪を切りすぎまして」と大胆発言で沸かせた。共演者の勝村政信には危うく気づかれかけたそうで、一話の中で微妙に変化する髪型にも注目だ。

 時間がテーマの本作。「いちばん幸せを感じる時間は?」という質問に、浜辺は「干し柿にはまっていて、朝ごはんのデザートに干し柿を食べているときが今すごく幸せを感じます」と渋い回答。すかさず「ババくさいね」と安田から口撃を受けると、「言い方(の問題)ですよ! 『趣があるね』とか」と必死に抵抗しつつも、「現場に干し柿があればうれしい。ちゃんと消毒して食べます」と目を細めた。安田が幸せを感じるのは、「クランクアップのとき。クランクインのときにいつも思うんですけど、寝て目が覚めたらクランクアップになっていないかな」と語り、成田とともに「毎日がクランクアップだったら」と妄想を膨らませていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる