シャルロット・ゲンズブールら出演 『母との約束、250通の手紙』予告編&ポスター公開

 2020年1月31日に公開される映画『母との約束、250通の手紙』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 フランスで動員100万人を超える大ヒットを記録した本作は、フランス文学最高峰のゴンクール賞を史上唯一2度受賞した、フランスの文豪ロマン・ガリによるベストセラー自伝小説『夜明けの約束』を、シャルロット・ゲンズブールとピエール・ニネの共演で映画化したもの。『赤と黒の接吻』『蛇男』のエリック・バルビエが監督を務めた。ジュールス・ダッシン監督によるフランス映画『夜明けの約束』(1970年)に次ぐ、47年ぶり、2度目の同名原作の映画化となる。

 フランスを理想化するユダヤ系ポーランド人移民の母親と、その母からフランス大使にして大作家になる将来を託された息子。強烈な個性の母親は過剰なまでの愛情を息子に注ぎ、一人息子は翻弄されつつも全力でそれに応え続けた。第二次世界大戦下の混沌とした時代に翻弄されながらも、強すぎるほどの絆で、互いの存在だけを頼りに生き抜いた親子の姿が描かれる。

 公開されたポスタービジュアルでは、母・ニーナに愛情あふれる視線を向ける息子・ロマンの姿や、幼少期の幸せな親子の様子が切り取られている。

『母との約束、250通の手紙』予告編

 予告編では、「私の息子は作家になる。偉大になるのよ!」と周囲の嘲笑のなか高らかに宣言するニーナの姿が。ロマンも「母の途方もない夢を叶える」と、小さなころからその期待を裏切らないように母の言いつけだけを信じ、文学の道に進む様子や、戦争に駆り出され大けがを負うロマン、しかしそんな状況でも「どんな時も書き続けなさい。死ぬのは許さない」と遠く離れた母の手紙が届き続けるシーンが描かれている。

■公開情報
『母との約束、250通の手紙』
2020年1月31日(金)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督・脚本:エリック・バルビエ
共同脚本:マリー・エイナール
製作:エリック・ジュエルマン、フィリップ・ルスレ
撮影:グリン・スピーカート
編集:ジェニファー・オージェ
出演:ピエール・ニネ、シャルロット・ゲンズブール、ディディエ・ブルドン、ジャン=ピエール・ダルッサン、キャサリン・マコーマック、フィネガン・オールドフィールド
原作:ロマン・ガリ『夜明けの約束』(共和国)
配給:松竹
2017年/フランス=ベルギー/フランス語、ポーランド語、スペイン語、英語/131分/シネスコ/DCP/5.1ch/原題:La promesse de l‘aube/R15+
公式サイト:https://250letters.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる