『バースデー・ワンダーランド』原恵一監督が明かす、松岡茉優らキャスティングへのこだわり

『バースデー・ワンダーランド』原恵一監督が明かす、松岡茉優らキャスティングへのこだわり

「僕の作品の声に関しては、実在感を大事にしたい」

ーー松岡茉優さんを主演に選んだのはどのような経緯があったのでしょうか?

原:2013年に『はじまりのみち』という実写映画を撮ったのですが、その時に松岡茉優という女優の演技力には驚かされていて、その後ブレイクし活躍しているのはとても嬉しかったんです。今回お願いする時、最初からテストでいいという話だったんです。今これだけ売れている彼女だから、普通だったらテストはやらずに決め打ちでオファーするしかないのですが、「テストでいいです。合わなかったらはっきり言ってください。諦めます」と本人の口から聞きました。それで色々と演じてもらい、最終的に松岡でいこうと決めました。

ーー松岡さんは実年齢より非常に若い役で、さらに身体表現が活かせない声の演技ということですが、原監督から見て苦戦している様子はありましたか?

原:テストの時はあまり余計なことを言わずにやってもらってたのですが、役者として非常に勘の良い子です。前半はチイの後ろに隠れちゃうような子なんだけど、それが物語の最後には自分から前へ進み出すというアカネの変化を上手く表現してもらえました。収録はすんなりと終わりましたね。

ーーキャスト陣を見てみると、原監督の過去作に参加した方が多くいらっしゃいますね。

原:一度お仕事すると、ドラマや映画、CMで見えている部分と違うところもわかってくるんです。杏さんは『百日紅』の時にとてもいい演技をしてくれていて、配役を考える時まず最初にチィの声を杏さんと決めていました。他の人は考えなかったですね。

ーー物語をリードする、堅物な錬金術師ヒポクラテスという重要な役を演じたのは市村正親さんです。実写では舞台、ドラマ、映画と多方面で存在感を発揮していますが、声優はミュウツーなどが印象的ですよね。

原:実写の現場で主に大活躍なさっている方なんですけれど、バラエティに出ているのを見た時に、非常に面白かったんです。舞台ではおそらく基本的にかっこいい役を演じていると思うんですよね。だから途中で魔法によってハエにされてしまうという部分も考えて、非常にプライドの高い紳士でありつつコミカルな部分もできるという。それが市村さんを選んだ決め手になりました。

ーーやはり実写でのお芝居の感覚を重要視されているのでしょうか?

原:はい。いつもの僕の作品の声に関しては、「こういう人、本当にいる」という実在感を大事にしたいと思っているんです。そういうところで考えると実写で活躍されている人の方が僕の作品には向いているんじゃないかと思っています。

ーー実在感をアニメーションで表現することが、大人も子どもも楽しめるアニメーションに繋がっていくんですね。

原:幅広い世代に見てもらうということは常に意識していました。子どもたちだけではなくて、もちろん大人にも見てほしい。子どもは子どもで感じてくれる何かがあればいいし、大人は大人なりの気づきを得てもらえると嬉しいです。特に今回はお客さんの想像力を信じたいと思っているんです。近年、説明が多い作品がすごく増えている気がしていて。そういうのをなるべくなくして、感じてほしい。無駄な説明は潔く削ぎ落としました。だから見た人の感想がバラバラでも全然構わないと思っているし、お客さんの想像力で埋めてくれればと思っています。

(取材・文=安田周平)

■公開情報
『バースデー・ワンダーランド』
全国公開中
監督:原恵一
出演:松岡茉優、杏、麻生久美子、東山奈央、藤原啓治、矢島晶子、市村正親
原作:柏葉幸子『地下室からのふしぎな旅』(講談社青い鳥文庫)
脚本:丸尾みほ
キャラクター/ビジュアル:イリヤ・クブシノブ
音楽:富貴晴美
テーマソング:milet「THE SHOW」(SME Records)
イメージソング・挿入歌:milet「Wonderland」(SME Records)
アニメーション制作:SIGNAL.MD
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/birthdaywonderland/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ