「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『アクアマン』

「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『アクアマン』

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、和製ジェイソン・モモアこと宮川が『アクアマン』をプッシュします。

『アクアマン』

 2013年の『マン・オブ・スティール』から始まり、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)、『スーサイド・スクワッド』(2016年)、『ワンダーウーマン』(2017年)、『ジャスティス・リーグ』(2017年)と続いて、6作目のDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)作品となるのが本作『アクアマン』だ。

 だが、日本版ポスターを見たらわかるように、「DC」の文字はどこにもない。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で初登場(カメオ出演)し、『ジャスティス・リーグ』ではバットマン(ベン・アフレック)やスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)らとともに、スーパーヴィランであるステッペンウルフに立ち向かった、ジェイソン・モモア演じるアクアマンだったが、今回の単独作品に、ジャスティス・リーグのメンバーは一切登場しない。本作は、DCコミックスのキャラクターたちが実写映画でクロスオーバーするDCEU作品というよりは、より独立した作品として製作されているのだ。

 そんな本作の監督を任されたのは、2004年のスリラー映画『ソウ』で一躍その名を知らしめたジェームズ・ワン。『ソウ』以降も『インシディアス』や『死霊館』など、監督・製作者として、ホラー/スリラー映画を手がけながら、2015年の監督作『ワイルド・スピード SKY MISSION』の大ヒットでハリウッド稀代のヒットメーカーとなった彼が、ついにアメコミ映画に参入することになったわけだが、この人選がまさにツボ。ジェームズ・ワン監督の醍醐味とも言えるホラー的な演出もあれば、『ワイルド・スピード SKY MISSION』で見せたような大迫力のアクションシーンや人間ドラマもある。一方で、海底王国のセットや海中でのバトルシーンは今までに見たことのないような度肝を抜かれるもので、アクアマンのコミカルなキャラクター造形も含め、まさにジェームズ・ワンの集大成的な作品になっていると言えるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「週末映画館でこれ観よう!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる