>  >  > 『jam』町田啓太の特別映像公開

町田啓太が女性の下着を拾い誤解される? 『jam』“愛が伝わらない”特別映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月1日公開の映画『jam』より、主人公のうちの1人である町田啓太演じるタケルパートの特別映像が公開された。

 本作は、EXILE HIROプロデュースによる完全オリジナル新作映画プロジェクトで、劇団EXILEの全メンバーが総出演、SABUが監督を務めた。『たたら侍』主演の⻘柳翔、NHK⼤河ドラマ『⻄郷どん』、『中学聖日記』(TBS系)の町⽥啓太、ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の鈴⽊伸之らが集結する。

 主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(⻘柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの1人・雅子(筒井真理子)に付きまとわれ、彼女の自宅に監禁されてしまうことに。一方、 大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復を望むタケル(町田啓太)は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったのはテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し、それぞれの人生の“因果応報”が果たされていく。

『jam』町田啓太特別映像

 今回公開されたのは、町田演じるタケルにフィーチャーした特別本編映像。タケルは恋人が意識不明状態となり、その回復の願掛けで「善いこと貯金」を続ける。しかし、彼の「善いこと」は人の誤解を招きやすいらしく、女性がうっかり落としたブラジャーを拾っては誤解され、道端で泣いている幼女を慰めようとしては変質者に間違われ……と、どうにも“愛が伝わらない”。映像ではその様子や、意識の戻らない彼女を献身的に介護する姿を捉えている。

■公開情報
『jam』
12⽉1⽇(⼟)より、新宿バルト9ほか全国公開
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本:SABU
出演:⻘柳翔、町⽥啓太、鈴⽊伸之、秋⼭真太郎、⼋⽊将康、⼩澤雄太、⼩野塚勇⼈、佐藤寛太、野替愁平、筒井真理⼦
配給:LDH PICTURES
2018/⽇本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分
(c)2018「jam」製作委員会
公式サイト:https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

「町田啓太が女性の下着を拾い誤解される? 『jam』“愛が伝わらない”特別映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版