>  >  > 『僕キセ』ときに正しさよりも大切なもの

高橋一生の発想が面白い 『僕らは奇跡でできている』ときに正しさよりも大切なもの

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 育実(榮倉奈々)が仕事に張り切ろうと、自身の歯科クリニックで子供向けの歯磨きイベントを計画する。ところが、子供たちの反応はいまいち。そんな状況を、一輝(高橋一生)が見事に変えてみせる。

 11月6日に放送された火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)第5話では、一輝に助けられたことでイベントは大成功に終わったものの、育実の心は晴れない様子。そんな彼女を、一輝が森のフィールドワークへと誘い出す。

 この歯磨きイベントは、ギスギスしていた恋人との関係が終わりを迎えた育実が、より仕事に打ち込むべく企画したもの。しかし彼女の空回り気味なところは否めず、クリニックのスタッフもあまり協力的とは言えない。そのうえ、日頃から何かと衝突していた歯科衛生士のあかり(トリンドル玲奈)には強く当たってしまい、彼女からは「別れた寂しさを仕事で埋めようとしている」と見抜かれてしまう。

 さて、日曜日のイベント当日。このイベントは子供向けのものなのだが、一輝は以前からともに“リス研究”をしている虹一(川口和空)の、その母・涼子(松本若菜)に会うために参加したのだ。動物園での一件以来、一輝への不信感を拭えないでいる涼子から、虹一を“リス研究”のため、森に連れ出す許可を得るためだ。

 育実は、紙芝居や実演などで虫歯のメカニズムや歯磨きの大切さを訴えるが、少々盛り上がりに欠ける印象。そもそも、1人の少年がたびたび口にするように、「そんなこと知っている」のだ。そこでこの少年は、「なぜ虫歯は、虫歯というのか?」という、一輝も以前から抱いていた疑問を口にする。しかし、育実は答えられない。

      

「高橋一生の発想が面白い 『僕らは奇跡でできている』ときに正しさよりも大切なもの」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版