趣里×菅田将暉『生きてるだけで、愛。』レインダンス映画祭コンペ部門出品決定 新場面写真も

趣里×菅田将暉『生きてるだけで、愛。』レインダンス映画祭コンペ部門出品決定 新場面写真も

 11月9日公開の映画『生きてるだけで、愛。』が、第26回レインダンス映画祭コンペティション部門に出品されることが決定し、あわせて新たな場面写真も公開された。

 本作は、『異類婚姻譚』で第154回芥川賞を受賞し、小説家、劇作家、演出家としてマルチに活躍する本谷有希子の芥川賞・三島賞候補作となった同名小説を映像作家・関根光才が映画化したもの。趣里演じる、鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、菅田将暉演じる、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木の前に、仲里依紗演じる津奈木の元カノ・安堂が現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、2人の関係にも変化が訪れる。

 レインダンス映画祭は、毎年イギリス・ロンドンで開催される映画祭。今回、本作が現地時間9月26日から10月7日にかけて開催される同映画祭のコンペティション部門に出品されることが決定。本作は同映画祭でワールドプレミア上映される。 

 あわせて公開された場面写真では、趣里演じる寧子が、菅田演じる恋人・津奈木と同棲中の部屋で物思いにふける様子や、幻想的な赤い光に包まれた姿を見ることができる。

 また、レインダンス映画祭コンペティション部門への出品を受けて、関根監督からのコメントも公開された。

関根光才監督 コメント

『生きてるだけで、愛。』がレインダンス映画祭にてワールドプレミアとなり、世界の人々の目に触れる機会を頂きました。本映画祭では、2005年に私の監督初作品となった短編映画『RIGHT PLACE』が Film Of The Festival 賞を受賞し、そのきっかけを得て制作した2006年度本映画祭トレイラー『Daughter』でカンヌ国際広告祭のヤングディレクターズアワードでグランプリを受賞するなど、私の監督としての人生のスタートを形成してくれた映画祭でもあります。そんなレインダンス映画祭に、⾧編初監督作品が出品されることにはものすごい感慨をひとり感じております。コンペなので結果はこれから、どうか世界の人にも届くよう、祈っています。

■公開情報
『生きてるだけで、愛。』
11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
出演:趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗
原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
(c)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
公式サイト:http://ikiai.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ