夏川結衣の演技になぜ感情移入してしまう? 『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』史枝役の魅力

 名匠・山田洋次監督が贈る家族をテーマにしたシリーズ『家族はつらいよ』の最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』。タイトルから分かるように、本作は平田家の“妻”たちがテーマになっている。なかでも、長男の嫁・史枝の、いわゆる“反乱”が大きな見どころ、つまり史枝を演じる夏川結衣が、物語を大きく動かしていくのだ。

 本作での夏川は、橋爪功演じる平田周造と妻・富子(吉行和子)の息子で長男の幸之助(西村まさ彦)の嫁として、義理の父母と同居する女性だ。典型的な頑固親父である周造のわがままにも笑顔で対応し、富子の良き相談相手にもなる。さらに2人の息子を育て、義理の妹・成子(中島朋子)夫婦や、義理の弟・庄太(妻夫木聡)夫婦からも頼られているという、ある意味で平田家の大黒柱だ。そんな彼女が、無神経すぎる夫の一言で、耐えに耐えていた思いが爆発、家を飛び出してしまう。

 夏川と言えば、デビュー当時は、女性誌のモデルを務めるなど、その美しいビジュアルは大きな話題となっていたが、その美貌を活かした作品よりも、本作の史枝のように、内に秘めるなにかを抱えながら、それを見せないように、いじらしくも明るく生きている女性を演じると、なんとも言えない趣があり、引き込まれる。

 その真骨頂とも言えるのが、1997年に放送された連続ドラマ『青い鳥』(TBS系)の町村かほり役だろう。幼少期から父親の事業の失敗により、劣悪な生活を余儀なくされ、多くの心の傷を抱えたまま大人になったあとも、さまざまなトラブルに巻き込まれるという幸薄い女性だ。ようやく豊川悦司演じる柴田理森という実直な男性と出会うも、佐野史郎演じる地元の名士・綿貫から、恐ろしいまでの束縛を受け、理森とあてのない逃避行に出る。

 『青い鳥』は『家族はつらいよ』の史枝のような、なんでも吸収してしまう大らかな雰囲気とは正反対のシリアスな役柄だったが、怒涛のように押し寄せる困難が、お腹の底にたまっていく際の、追い詰められたような表情は、本作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』同様に、非常にリアリティがあった。