第90回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作『判決、ふたつの希望』8月公開 監督の来日も決定

第90回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作『判決、ふたつの希望』8月公開 監督の来日も決定

 第90回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『The Insult(英題)』が、『判決、ふたつの希望』の邦題で8月31日に公開されることが決定。また、ジアド・ドゥエイリ監督の来日が決まった。

ジアド・ドゥエイリ監督

 本作は、カンヌ国際映画祭上映作『西ベイルート』で監督デビューを飾ったドゥエイリ監督の最新作で、人種も宗教も異なる2人の男性の間に起きた口論が、国家を揺るがす騒乱にまで発展する模様を描く。

 公開に合わせ、8月上旬に来日するドゥエイリ監督は、クエンティン・タランティーノ監督の『レザボア・ドッグス』や『パルプ・フィクション』などの作品に、アシスタント・カメラマンとして参加した経歴を持つ。

■公開情報
『判決、ふたつの希望』
8月31日(金)より全国順次公開
監督・脚本:ジアド・ドゥエイリ
脚本:ジョエル・トゥーマ
出演:アデル・カラム、カメル・エル=バシャ
配給:ロングライド
2017年/レバノン・フランス/アラビア語/113分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/英題:The Insult/日本語字幕:寺尾次郎/字幕監修:佐野光子
(c)2017 TESSALIT PRODUCTIONS–ROUGE INTERNATIONAL–EZEKIEL FILMS–SCOPE PICTURES–DOURI FILMS
PHOTO (c)TESSALIT PRODUCTIONS–ROUGE INTERNATIONAL
公式サイト:http://longride.jp/insult/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる