>  >  > 『栄光のランナー』本編映像公開

『栄光のランナー』、ジェシー・オーエンスがオリンピック出場棄権を迫られる本編映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月11日に公開される映画『栄光のランナー/1936ベルリン』より、本編映像が公開された。

 本作は、ベルリンオリンピックに出場した陸上選手ジェシー・オーエンスの伝記映画。根深い人種差別の残る第二次大戦前最後のオリンピック、1936年のベルリンオリンピックで、黒人であるオーエンスが偉大な記録を打ち立て、世界中に衝撃を与えるまでの激動の2年間を描き出す。『グローリー/明日への行進』のステファン・ジェイムスが主人公のオーエンス役を演じるほか、『モンスター上司』のジェイソン・サダイキス、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のジェレミー・アイアンズ、『ブラックブック』のカリス・ファン・ハウテン、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のウィリアム・ハートらが脇を固める。『ブレデター2』のスティーヴン・ ホプキンスがメガホンを取った。

『栄光のランナー/1936ベルリン』本編映像

 このたび公開されたのは、ベルリンオリンピック出場の資格を得た矢先、オーエンスにある重大な選択が迫られる本編映像。もうすぐ五輪選考会が行われるというタイミングで、突如オーエンス家を訪れた全米黒人地位向上協会の会長ハリー・E・デイヴィスは、「全米の黒人社会を代表して言うが、行かないでくれ」とオーエンスに相談を持ち掛ける。「君は最高の陸上選手だ。だから強力な抗議になる。同じ問題があればこそ参加すべきじゃない。我々とドイツで迫害される人々が結束するチャンスだ」というデイヴィスの言葉に、オーエンス一家が戸惑う様子が映し出される。

■公開情報
『栄光のランナー/1936ベルリン』
8月11日(木・祝)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督:スティーヴン・ホプキンス
脚本:ジョー・シュラップネル&アナ・ウォーターハウス
出演:ステファン・ジェイムス、ジェイソン・サダイキス、ジェレミー・アイアンズ、カリス・ファン・ハウテン、ウィリアム・ハート
原題:RACE/2016年/アメリカ・ドイツ・カナダ/134分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:杉田朋子
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
(c)2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:eiko-runner-movie.jp/

「『栄光のランナー』、ジェシー・オーエンスがオリンピック出場棄権を迫られる本編映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版