創刊74年『小説新潮』リニューアル 益田ミリ、山本さほら新連載スタート

 小説誌『小説新潮』(1947年創刊)が、2021年3月22日に発売される2021年4月号で久々のリニューアルを果たした。表紙を飾るのは、表紙は「すーちゃん」シリーズなどで知られる漫画家の益田ミリ。イラストは「本を読む人」というテーマで、毎号本誌のためだけに描き下ろされる。同時に今号より、益田の長編漫画「ツユクサナツコの一生」の連載がスタートする。

 また『岡崎に捧ぐ』で知られる漫画家の山本さほが、自らの両親のおもしろおかしい日々を描く実録漫画「てつおとよしえ」の連載も開始。そのほか、エッセイストの群ようこが自らの創作の秘密を綴る「四十年、こんな感じで書いてます」、若手飲酒シーンの旗手・スズキナオが自らのルーツを考える「家族が一番わからない」など、盛りだくさんの新連載で文芸界を盛り上げる。

 表紙・本文デザインを手掛けるのは、コミックの装幀を中心に活動している名和田耕平デザイン事務所。これまでの小説誌とは一味違う、美しさと文字の読みやすさを両立させたデザインに注目。

表紙イラストと新連載漫画を担当する益田ミリ コメント

「表紙のお話をもらったとき、真っ先に『本を読む人』というテーマが浮かびました。こんなところで読書できたら楽しそう! と感じていただけるようなイラストを考えています。合わせて漫画連載も始まります。若い漫画家の女性が主人公です。ありふれた日々の中でひとりの漫画家がどのように物語を紡いでいくのか。彼女が描く漫画を並行して読めるのも見所です。」

■書誌情報
『小説新潮』2021年4月号
出版社:新潮社
発売日:2021年3月22日
定価:1000円(税込)