『美味しんぼ』栗田ゆう子の恋のライバル・二木まり子の奔放な魅力を検証

 『美味しんぼ』中期から栗田ゆう子の恋のライバルとして登場し、山岡士郎と結婚するためあの手この手を尽くした二木まり子。実家が財閥の彼女は、お嬢様育ち特有の「気の強さ」を見せ、栗田や読者を驚かせることも多かった。今回はそんな二木まり子の奔放な行動を検証してみよう。

団社長を「所詮成り上がり」とバッサリ

 レストランで、食事をしていた団社長と栗田ゆう子に遭遇した二木まり子。団社長に「私たちデートしたわよね。でもダメ、一生懸命努力して成り上がりましたって感じで私嫌い」と強烈にこき下ろす。

栗田は「まあ失礼な」と怒るが、「私は親戚中金持ちだらけ。金持ちなんか見飽きるほど見てきたのよ。私にとって成り上がりの億万長者というだけの男なんて退屈なだけ」とバッサリ斬る。

 雰囲気が悪くなったところに、山岡が現れる。すると二木は山岡の腕を組み「美味しい食事の後、ジャズの演奏会に行くのよね」と笑い、栗田は露骨にムッとする。そして山岡と二木は団社長と栗田の隣のテーブルで食事をすることに。ここで団社長は「最上のキャヴィアを取り寄せた」と話し、山岡と二木にも振る舞う。そしてキャヴィアと薬味を黒パンの上に乗せ、レモン汁をかけて食べ、その後ウオッカを飲む。

 その食べ方を見た二木は失笑し、「これだから成り上がりは嫌なのよね」「悲しいかな所詮は成り上がり。本当に最高のキャビアの食べ方はご存じない」「これほど見事なキャヴィアにどうして余計なものを混ぜてキャヴィア本来の味を損なう必要があるの?」と斬る。

 さらに団社長が予定していた政財界の要人を招いたパーティーについても「今みたいなキャヴィアの食べ方をしたら、心ある人は団さんのことを、成り上がりは成り上がりと軽蔑するだけよ」「パーティーで団さんがどんなキャヴィアの供し方をするのか楽しみだわ」と笑った。(30巻)

 二木の発言にショックを受けた団社長は、パーティーの一時中止を決意をするほど落ち込んでしまう。そしてこの件を聞いた祖父の二木会長は自身がパーティー開催の発案者だったこともあり「まり子は酷いことを言った」と山岡に話している。

 賛否両論の発言だったが、生粋のお嬢様であるがゆえの説得力を持っていたことは間違いない。二木まり子、恐るべしだ。

「既成事実」を作ろうと山岡の膝に乗る

 栗田に想いを寄せる近城カメラマンと、山岡との結婚を目論む二木は、お互いの利害関係が一致し、協力することになる。

 二木は近城の発案で「既成事実」を作ろうと、山岡の家に1人で乗り込む。椅子に座り新聞を読んでいた山岡に対し、二木は椅子を寄せて座るとピッタリとくっつく。さらに「私今までこんな気持ちになったことはないわ」「言葉なんてまどろっこしい」と話し、山岡に抱きつき、膝の上に乗る。

 二木が膝の上に乗って既成事実を作ろうとした瞬間、岡星夫妻が家のドアを開ける。結局、二木の「既成事実作戦」は失敗に終わった。(41巻)

 仮に既成事実ができたとしても、結婚に繋がるかどうかは不明だったが、影に栗田との結婚を目論む近城がいることを考えると、「関係を持った」ことが栗田の耳に入ることは必至だっただろう。草食系男子の山岡といっても、美女が膝に乗れば、手を出さない可能性は低い。そこに目をつけた二木の行動は、かなり大胆なものだった。