異質な学園漫画『ここは今から倫理です。』はなぜ人気作に? 「倫理」で解決する“思春期の悩み”

 学園漫画には珍しいリアルな世界観で人気を博した『ここは今から倫理です。』(集英社)。悩みを抱える生徒と倫理教師の関わりを描いた本作は、NHKにて2021年1月より連続ドラマも放送されている現在大注目の作品となっている。私見ではあるが、読者が学園漫画に求めているものは、“青春の輝きや爽快な物語”だろう。しかし本作にはそのような要素は無いに等しい。それではなぜこの作品はドラマ化するほどの人気作になり得たのか。本稿では『ここは今から倫理です。』ならではの魅力を、物語の舞台と主人公に焦点を当て紹介していく。

 ある高校では3年生になると、数々の選択科目の中から1科目の履修が義務付けられていた。体育などの科目が人気を集めるなか、倫理の授業を行う教室には15人の生徒が集まる。そして教室に入ってくる、端正な顔立ちでミステリアスな雰囲気を醸し出す教師・高柳。

 倫理を受ける1人の生徒・逢沢いち子は、高柳との思わぬ再会に喜んでいた。それは約1年前の出来事。教室で友人と性行為に及んでいた逢沢は、突如教室に入ってきた教師と初対面を果たす。慌てふためく友人とは対照的に、全く動揺の色を見せない高柳。高柳は逢沢に「合意なら構わないが、時間と場所が悪い」と言い放つと、授業の準備を始めた。

 それ以来高柳に興味を持っていた逢沢は、初回の授業終わりに高柳を誘惑する。教卓に乗り下着を見せびらかす逢沢を、高柳は「教養がある人が好きだ」と一蹴。

 それを受け「先生」は全員字が綺麗であることに着目した逢沢は、ボールペン字講座の本を購入。最初は無駄な買い物をしたと後悔するも、徐々にボールペン字、勉強にハマり出す逢沢。しかしその逢沢の変化をよく思わない人間もいる。それが逢沢と悪い遊びに興じていた男友達である。

 付き合いが悪くなった逢沢に痺れを切らした友人は、とうとう逢沢を空き教室に連れ込み、性行為を強要しようとする。全力で拒否する逢沢だが、やはり力では勝てない。そこに“あの日”と同じように入ってくる高柳。そして合意かを問われ、逢沢はそれを否定する。そして自身は殴られながらも、高柳は逢沢を守ってみせた。去ろうとする高柳に、後ろから「やっぱり先生が好き、いっぱい勉強する」と叫ぶ逢沢。その逢沢に高柳は「“愛こそ貧しい知識から豊かな知識への架け橋である” マックス・シェーラー」と言葉を残すのだった。