死んだ恋人との交際、少女が気づいた“家族の呪い”とは? 異色のホラーラブストーリー『青野くんに触りたいから死にたい』

 付き合い始めたばかりの彼氏を交通事故で喪った刈谷優里。悲しみに暮れ、もう死んでしまいたいと手首にカッターを当てた時、飛び出してきたのは死んだ彼氏・青野くんの幽霊だった。他の誰にも見えないし、体にも触れられないけれど、ひっそりと幸福な交際を続けていた2人。けれど、青野くんの中には得体の知れない「何か」が潜んでいて——。

『青野くんに触りたいから死にたい(7)』

 Webで第1話が公開された当初から大きな話題となったホラーラブストーリー『青野くんに触りたいから死にたい』。巻を重ねるごとにスリリングな展開に注目が集まるが、それとともに目を引くのが、主人公・優里の成長だ。

 豹変した青野くん——通称「黒青野」の恐ろしさや、「四ツ首様」というお呪いによる儀式など、オカルティックな要素が目を引く一方で、物語が進むうち、優里の家庭環境なども明らかになってくる。

 ある日、優里が青野くんとのデートから帰ると、離れて暮らしていた姉の翠が家に戻っている。翠は優里が自分の服を勝手に着ていることに激怒し、玄関で無理やり服を脱がせ、下着姿で放置する。後から出てきた母親は、「翠ちゃん仕事のことでナーバスだからそっとしてあげてね」と言ったきり、翠を叱ることも優里をフォローすることもない。

 その現場を見ていた青野くんは「君はすごくひどいことをされたんだよ」と憤るが、優里は「翠ちゃんは可哀相だから」とかばう。なおも怒りが収まらない青野くんは、お母さんは君にこう言ってるんだ、と言う。

「小さかった翠ちゃんはお兄さんが死んで悲しむ家族のためにたくさん我慢した たくさん犠牲になった」「だから次は優里ちゃん 君が生け贄になってあげてね」

 優里は「どうしてそんな意地悪を言うの…?」と声を詰まらせ、2人は気まずい雰囲気になる。けれどその後優里は、わがままな翠に振り回されたせいで、友達の1人もできなかった幼い頃を思い出す。

 同級生の藤本、美桜とともに黒青野について調べていた優里。自分たちだけであれこれ行動した結果、危険に巻き込まれた優里たちに、美桜のいとこで小学校教諭の春希が「僕ら大人には子供を守る責任があるんだ」と言うシーンがある。その説に従うならば、優里は「守られるべき時に大人に守られなかった子供」なのだ。親から耐えることを強要されて育った優里は、助けを求めるよりも自分が耐える方法を選んでしまう。四ツ首様に子供たちがさらわれた時も、優里は自分の身を差し出して黒青野と契約し、子供を守ろうとする。それを止めたのは藤本だ。