>  >  > ポップしなないで、自主企画ライブレポート

ポップしなないで、自主企画のステージで繰り広げた変幻自在な音楽 

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポップしなないでが、6月29日に新宿LOFTにて自主企画『ポップしなないでpresents.「そそげ!ドンペリ」』を開催した。

 8月7日には3rdミニアルバム『禁じられてはいない遊び』の発売が決定しており、それに先立って新曲を配信リリース、さらに9月からはレコ発ツアーも開催されるなど話題が絶えない中、着々と“ポしな中毒者”を増やしつつある彼ら。今回のライブが行われた新宿LOFTは、ポップしなないでの自主企画としては最大規模の会場となり、対バンには東京カランコロン、挫・人間、ラブリーサマーちゃんが集結。どれも独自の個性や音楽性を確立しているバンドばかりだが、ポップしなないでもまたこの2人にしか出せないカラーや独特な世界観を持っている。そしてその色合いはますます濃く、深いものになってきた。そんなバンドの変化も感じられたこの日のライブの模様をレポートしたい。

 会場が暗転しステージの幕が開くと、かめがい(Key/Vo)がハイテンションで飛び出してきたのに続き、いつも通りクールにかわむら(Dr/Cho)が登場。待ってましたと言わんばかりの熱っぽい拍手に迎えられ、1曲目はキラーチューン「魔法使いのマキちゃん」でライブがスタートした。跳ね返る水のようなピアノの音色と、渇いたスネアの音が絶妙なバランスで混ざり合い、一瞬にしてフロアの空気感を変えていく。2曲目「救われ升」では無機質にリフレインされるサビと対を為すようにだんだん演奏が激しくなっていき、それに合わせて力強い手拍子が響き渡った。12月に行われたワンマンに比べると、オーディエンスの反応が明らかに違う。観客たちはこの時点ですでに、ポップしなないでの世界に入り込んでいるように見えた。

 「こんばんは、ポップしなないでです。今日はありがとうございます!」そんな挨拶から始まったMCを経て、音源とはまた違うアレンジが加えられた「言うとおり、神様」、言葉遊びのような歌詞がユニークな「オシマイノリティ」を畳み掛ける。一糸乱れぬタイトなドラムプレイを見せるかわむらと、大きく上半身を揺らし、時には感情的に声を張り上げて歌うかめがい。この2人の凸凹感が、ポップしなないでならではの持ち味でもある。そんな風に一見違うタイプなのに、これ以上ないほどピッタリとハマる関係性が描かれた楽曲「フルーツサンドとポテサラ」も披露された。

      

「ポップしなないで、自主企画のステージで繰り広げた変幻自在な音楽 」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版