>  >  > 『DANCE CUP』レポ

GENERATIONS 佐野玲於らも登場 未来のスターが火花散らす『DANCE CUP 2018 FINAL』

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「子どもたちに、夢を」をテーマに掲げた、LDH主催の小・中学生対象のストリートダンスコンテスト『DANCE CUP』。その決勝大会が11月23日に東京・第一生命ホールで開催された。

 LDHのエグゼクティブ・プロデューサーであるEXILE HIROが「ダンスへの恩返し」と語ってきたこのコンテストは、LDHが掲げる“エンタテインメントだからこそできる社会貢献の一環”として2014年より行われているもの。5回目となる今回も、北は北海道から南は沖縄までの全国各地で予選が行われ、そこから勝ち上がった小学生23チーム、中学生24チームの計47チームが決勝大会に出場した。優勝チームにはEXILE賞として、ダンスの本場でのレッスンやダンサーと交流、ダンスバトルへの参戦などが可能な「NY or LAダンス留学の旅」が用意されている。

Canal street NYC

 オープニングではEXILEからのメッセージVTRが上映され、「みなさんの中からたくさんのダンス・スーパースターが誕生することを心から願っております。今日は全力で悔いのないよう踊り切ってください!」(TETSUYA)などの激励コメントが寄せられた。決勝の審査には、E-girlsら数多くのアーティストのPVやツアーで活躍するほか、振付師としても活動するChihiro Ueno、国内最高峰のKRUMPアーティスト集団 Twiggz Famのリーダー・Twiggs、世界最大のダンスバトル大会『DANCE ALIVE HERO’S』などを手掛ける株式会社アノマリー代表取締役・カリスマカンタロー、BABY NAIL、J Soul Brothersといったグループを経て、世界規模のダンスバトルなどでも活躍するPOPダンサー・RYUZYが参加。各地の厳しい予選を勝ち抜いてきたレベルの高いチームが揃うだけに、審査も難航すること必至だ。

 決勝は小学生部門からスタート。パフォーマンスは3分以内、身に着けるもの以外の小道具は使わないというルールの中で、ヒップホップを中心にバレエやコンテンポラリー、レゲエ、アフリカン、和の要素を取り入れたものなど、様々なテイストのダンスパフォーマンスが展開されていく。全体的に非常にレベルが高く、大人顔負けのパフォーマンスで24組がしのぎを削り合った。続く中学生部門もジャンル的なカラフル感を見せつつ、動きのダイナミックさや技の深度、大人顔負けの世界観で観客を圧倒するチームが続出した。

Diva

 そしてこの決勝大会の目玉といえるのが、豪華なGUEST SHOWCASE。1組目に登場したのは、90年代初頭から現在までヒップホップダンスシーンをリードし続けるスーパーダンスチーム・J.S.B.underground。シークレットゲストとしてGENERATIONS from EXILE TRIBEから小森隼も参加し、総勢11名でシンクロ感のあるパフォーマンスを見せつけた。そしてこの日のパフォーマンスのトリを飾ったのが、審査員のTwiggs率いるTwiggz Fam。こちらにもシークレットゲストとして、同グループのメンバーでもあるGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於が登場。アグレッシブなKRUMPの技を連発し、当日の出場チームを含む観客を大いに盛り上げた。

J.S.B.underground
Twiggz Fam

 厳正なる審査の結果、小学生部門の優勝を勝ち取ったのは、ストリート感溢れる力強いダンスで魅了したCanal street NYC(千葉県)。メンバーは「上手いチームばかりで勝てないと思ったけれど、優勝できて本当にうれしい」と笑顔を見せていた。中学生部門では、全員の動きをシンクロさせ、緩急を付けた完成度の高いパフォーマンスを見せたDiva(大阪府)が頂点に。メンバーは「この大会のために何か月も努力してきたので、結果を残せてよかった」と涙ながらに語っていた。2位のtoremolo(小学生部門・埼玉県)/DesikA(中学生部門・埼玉県)、3位のM.M.R.M(小学生部門・沖縄県)/ONE PIECE(中学生部門・愛知県)を含め各受賞チームへも、会場に駆け付けた同コンテストOFFICIAL SUPPORTERのEXILE ÜSA、GUEST SHOWCASEにも出演した佐野玲於、小森隼がトロフィーやメダルなどを贈った。嬉し涙をこらえきれないキッズを佐野が励ます一幕にも、拍手が巻き起こっていた。

 プレゼンターを代表してEXILE ÜSAが「みなさんのダンスが上手すぎて『ホントに子どもなんだろうか?』と自分の目を疑ったほどでした。優勝チームのみなさんもまだまだ伸びていくと思いますし、残念ながら優勝できなかったチームも、この悔しさを明日の力に変えてください。これからもLDHの社会貢献の一環として、『DANCE CUP』を通じて子供たちが夢を持って目標に挑戦する場所をどんどん作っていきたいと思います」と語り、4月から全国で繰り広げられた白熱の闘いを締めくくった。

(取材・文=古知屋ジュン)

「GENERATIONS 佐野玲於らも登場 未来のスターが火花散らす『DANCE CUP 2018 FINAL』」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版