>  >  > 『MdN』12月号特集は映像監督

月刊『MdN』12月号特集は「映像監督8人に聞いたMV43曲」 山田健人、山田智和、木村太一らが登場

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月刊『MdN』2018年12月号が、11月6日に発売。特集企画として「この曲はなぜこのアプローチで撮ったのか? 映像監督8人に聞いたMV43曲」を掲載する。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 『MdN』は、デザインとグラフィックを扱う総合情報誌だ。先述の企画では、作品性の高い数多くのMVを生み出し、第一線で活躍する8人の映像監督たちにインタビュー。水曜日のカンパネラ「かぐや姫」、D.A.N.「Chance」などを手掛けた山田健人をはじめ、米津玄師「Lemon」、あいみょん「マリーゴールド」の山田智和、さらにはKEIJU「Let Me Know」を制作した木村太一が登場する。そのほかにも、牧野 惇、林 響太朗、Spikey John、坂本渉太、YUDAI MARUYAMAの作品を紹介。自身が手掛けたMVについて“なぜそのアプローチで撮ったのか?”という切り口から、全43曲の映像表現に迫る。

月刊『MdN』2018年12月号

■書籍情報
月刊『MdN』2018年12月号
発売:11月6日(火)
価格:¥1,380+税

<電子版取り扱いストア>
Kindleストア
Newsstand
マガストア(MAGASTORE)
雑誌オンライン+BOOKS
楽天kobo
※電子版の価格・仕様・動作環境等の詳細は販売ストアにて

■関連リンク
月刊『MdN』オフィシャルサイト

※記事初出時、一部情報に誤りがございました。訂正の上、お詫びいたします。

「月刊『MdN』12月号特集は「映像監督8人に聞いたMV43曲」 山田健人、山田智和、木村太一らが登場」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版