>  >  > 平手友梨奈、オーディション当時の心境語る

欅坂46 平手友梨奈、オーディション当時の心境を語る 「合格するとも思ってなかった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “欅坂46 平手友梨奈 神がかりダンス”と称し、「ガラスを割れ!」のMVの一部が映し出されると、有田は「何か(スイッチを)入れてるんだよね? 歌番組のトークのときでもわりとこう……“今日は多分、元気出ません”みたいな顔してるけど、本番始まったらパカッって(スイッチ)入れるから」とコメント。平手は「トークするのが本当に得意じゃなくて、MCとかはほかのメンバーにお願いして(やって)もらって」と話した。

 またネプチューンの原田泰造が「歌ってるときの記憶はあるの?」と尋ねると、首を横に振る平手。「記憶力があまりなくて。覚えてるときと覚えてないときがあって」と説明した。そこでチュートリアルの徳井義実が「何かを降ろしてる感じ? 憑依させてる感じ?」と聞くと、「そういう感覚は自分ではない」と答える。さらに「霊感はどう?」と冗談で質問すると、平手は驚きながら「ある。多分、憑いてる」と言い、音が聞こえたり時計の針がすべて一気にグルグル回り出したりする現象が起こるというエピソードを披露した。

 次回9月10日の放送では、ゲストに間宮祥太朗と藤田ニコルの出演を予定している。

(文=向原康太)

      

「欅坂46 平手友梨奈、オーディション当時の心境を語る 「合格するとも思ってなかった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版