嵐 櫻井翔、松本潤らと過ごした“ギャル男”時代の思い出語る 「週に8日くらい渋谷にいた」

 『VS嵐』(フジテレビ系)の6月7日放送回には「サッカー大好きチーム」としてヒデ(ペナルティ)、前園真聖、ナオト・インティライミ、丸山桂里奈、足立梨花、柴田英嗣(アンタッチャブル)が、プラスワンゲストとして加藤一二三、東出昌大が出演した。

 番組冒頭、嵐5人のトークでは間もなくW杯が始まることから、渋谷スクランブル交差点の話題へ。しかし、ピンとこない様子だったため櫻井翔が「スクランブル交差点と言ったら、我々Jr.の時の思い出もある」とNHKなどに通っていた頃を振り返り、二宮和也と相葉雅紀は“代々木公園組”、櫻井と松本潤が“渋谷組”、大野智が“原宿組”と分かれていたことを語った。「逆に言うと原宿から行けないかも、NHK。道がわかんない」と二宮が言うと、大野は「ファンの子が案内してくれるよ」とまさかの発言。

 さらに櫻井はJr.時代や高校生の頃、「週に8日くらい渋谷にいた」と言い、「ある時は右側のゲーセン行ってサッカーゲームやって、ある時は入って左側のゲーセン行ってプリントシール撮って。何が楽しくてあんな写真撮ってたんだろう」と思い出を語った。“プリントシール”について櫻井が「今井翼くんと撮ったやつとかある。松本くんもあるんじゃないかな」と振り返ると、松本は「渋谷組、ちょっとギャルっぽかった」とコメント。櫻井も「俺らギャル男だったんすよ」と返し、スタジオの笑いを誘った。

 前回出演時も“似ている”と話題になった、松本と東出。東出は最近も小日向文世に指摘されたと明かすと、東出のCMを見て自分と勘違いしたという松本は「全然撮った覚えのないCM。ちょっと声も似てると思うんですよ。少しこもるというか、抜け方が似てるな、と思うから、テレビ普通に見てて『あれ、俺?』みたいな」と語った。これに対し「いつか兄弟役やってもらいたい」と櫻井が言うと、松本は「フジテレビさん、待ってますよ!」と意気込んだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる