>  >  > 乃木坂46舞台『星の王女さま』会見レポ

乃木坂46 3期生主演舞台『星の王女さま』会見 向井葉月「自分の殻を破らなければならなかった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46 伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、吉田綾乃クリスティーが出演する舞台『星の王女さま』の公開ゲネプロが、4月6日に天王洲 銀河劇場(東京)で行われた。(トップ写真:【上段左から】佐藤楓、岩本蓮加、吉田綾乃クリスティー、阪口珠美【下段左から】向井葉月、梅澤美波、伊藤理々杏、中村麗乃)

 同作は、アントワーヌ・サン=テグジュペリの代表作『星の王子さま』をモチーフにしたシニカルSFファンタジー。愛で育てた“バラ”を残し数々の惑星を巡る“王女さま”と、 飛行機の部品を探し歩く宇宙飛行士“リンドバーグ”が、一緒に様々な惑星を旅する中で生きることや愛について学んでいく模様が描かれる。

 伊藤理々杏が王女さま、岩本蓮加がバラ、梅澤美波がリンドバーグ、阪口珠美が“偽装キラキラ女子の星”に住むさなえ、佐藤楓が“流れ星”に住むフリーターの紀伊国坂、中村麗乃が“キャリアウーマンの星”に住むナオミ、向井葉月が“オタクの星”に住むどれみ、吉田綾乃クリスティーが“潔癖性の星”に住むマヤをそれぞれ演じている。

 ゲネプロ後に行われた囲み取材には、伊藤、岩本、梅澤、阪口、佐藤、中村、向井、吉田の8名が登壇。役を演じるにあたり苦労した点を問われると、梅澤は周りの役が濃すぎて自身のキャラが迷走したと明かし、「『見殺し姫』の時は(役が)スッと入ってきましたが、今回はギリギリまで(役を)掴めなくて……」と前回参加した舞台との違いを語った。また、向井はおたく役を演じるために「自分の殻を破らなければならなかった」と説明し、「舞台を通して新しい自分に出会えた気がします」と手応えを語った。向井と共演シーンの多い吉田は「(役柄が)挙動不審すぎて笑いを堪えるのに……気を張ってないと笑っちゃいそうで」と思わぬ苦労を明かした。梅澤も「(向井は)普段から可笑しいところがあるから、たぶんそこが新しい一面として伝わったんじゃないかな」と補足した。

Arrow
Arrow
伊藤理々杏
ArrowArrow
Slider
 

 記者が「花粉症はみなさん大丈夫ですか?」と質問すると、岩本が「花粉症が酷くて鼻がつまってるんですよ」とツラそうに回答。続けて記者が「バラの役なのに花粉症なんですね」と指摘すると笑いが起こり、メンバーに花粉症をネタにイジられた岩本は「やめてよ、苦しいんだよこっちは(笑)」と微笑ましい姿を見せた。劇中で共感したシーンを聞かれた向井は、ナオミがマヤに「変わろうよ!」と力強く声をかけるシーンを挙げ、「(中村)麗乃は普段、そういう風に強く言うタイプじゃないし、稽古中も悩んだりしたと思うんです。その姿を見た上で、そのシーンを見るとなんか涙が出そうになっちゃいました」と回答した。

 全12名の3期生のうち、今回出演しない4名は新シングル『シンクロニシティ』の選抜入りを果たしている。阪口は「『見殺し姫』の時は12人だったので、8人になってもその時以上のパワーを出さなければならないと思った」と意気込みを語り、伊藤は人数が少ない分、不安や寂しさがあることを吐露したが、「この8人でも来ていただいた人に良いものを届けて、たくさん感動してもらいたいです」と舞台への思いを語った。梅澤は「4人がいない8人と思われたくないし、私たち自身も強い気持ちを持っています。(同公演が)私たちに与えられた試練だと思っているので、これを8人で乗り越えて皆さんにもなにか届けられたら」と強く述べた。

 舞台『星の王女さま』は、4月6日から4月15日まで天王洲 銀河劇場にて上演。26日から28日には愛知・春日井市民会館でも上演される。

(取材・文=泉夏音)

■公演情報
『星の王女さま』
4月6日(金)~4月15日(日)東京都 天王洲 銀河劇場
4月26日(木)~4月28日(土)愛知県 春日井市民会館
<出演者>
伊藤理々杏 / 岩本蓮加 / 梅澤美波 / 阪口珠美 / 佐藤楓 / 中村麗乃 / 向井葉月 / 吉田綾乃クリスティー(以上、乃木坂46) / 甚古萌 / 田代明(劇団4ドル50セント) / 本西彩希帆(劇団4ドル50セント) / 清水彩 / 内山愛 / 黒崎純 / 月見心 / 森崎りな(YOANI1年C組)

乃木坂46公式サイト

「乃木坂46 3期生主演舞台『星の王女さま』会見 向井葉月「自分の殻を破らなければならなかった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版