>  >  > MOSHIMO、初の映画劇中歌担当

MOSHIMO、『マスタード・チョコレート』で初の映画劇中歌担当 本人役で出演も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MOSHIMOが、今春公開の映画『マスタード・チョコレート』の劇中歌を務めることを発表した。

 映画は同タイトルの冬川智子による漫画が原作となっており、山田菜々、太田基裕、染谷俊之、神永圭佑らが出演。美術予備校に通う高校3年生の主人公と、その講師や友人達との恋模様を描いている。

 さらに同映画内では「命短し恋せよ乙女」の演奏でMOSHIMO本人達が登場することも明らかになった。

MOSHIMO 岩淵紗貴(Vo&Gt) コメント

この度、映画「マスタード・チョコレート」の劇中歌、
そして、バンドMOSHIMO役として出演させていただきました。

恋愛や人間関係に不器用な女の子の物語です。
自分で自分の気持ちになかなか気づけず、誰も傷つかないように生きていきます。
主人公の女の子が昔の自分と重なりました。

そんな女の子の気持ちのよりどころの音楽として、
バンド役で出演させてもらえて本当に嬉しく思っています。

ただ甘いだけじゃないラブストーリー映画です。
沢山の方に観て頂けると嬉しいです!

映画『マスタード・チョコレート』公式HP
MOSHIMO 公式HP
MOSHIMO 公式Twitter

「MOSHIMO、『マスタード・チョコレート』で初の映画劇中歌担当 本人役で出演も」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版