TOKIO 国分太一&V6 坂本昌行、かつては別のグループに?「いっときSMAPにいた時代もあって」

 フジテレビ系列にて2月1日、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が放送された。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組。ゲストには、坂口健太郎が出演し、軽快なトークを繰り広げた。

 坂本、長野、井ノ原が 「トニセン生まれて初めて聞かれました」とタイトルコールをすると、長瀬智也が「この感じはないよね」と発言し、スタジオには「嬉しい」「これはやばいね」と言葉が飛び交った。番組は冒頭から和気藹々としたムードで始まり、今回はTOKIOとほぼ同世代であるトニセンメンバーがゲストということで、全員でジャニーズ事務所への入所時期から今までを振り返るエピソードトークに。

 長野は、スタジオにいたメンバーの中で事務所への入所が最も早く、井ノ原が「(長野が)光GENJIの最初のローラースケートの練習に参加してる」と長野が光GENJIのメンバーとして活動していたかもしれないことを明かした。TOKIOの国分太一と坂本は、全く同じオーディションに合格。ジャニーズJr.時代には、グループ間でのメンバーシャッフルが度々起こり、国分は、坂本と共に「いっときSMAPにいた時代もあって」と驚きの過去を明かした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる