>  >  > AKB 倉野尾、ウーマン村本に不信感をぶつける

AKB48 チーム8 倉野尾成美、ウーマン村本に不信感 「本当、人として無理」

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の12月21日放送分では、AKB48メンバーによる『私服ファッション対決』が行われた。同企画は、審査員にAKB48から入山杏奈、カリスマショップ店員のぺえ、元パリコレモデルのIVANを招きクリスマスコーデによるファッション対決を行うもの。

 小栗有以、樋渡結依による妹キャラ対決では、「好きな男の子の家でクリスマスホームパーティー」がファッションテーマとなった。先攻の小栗は、テーマのクリスマスに合わせたダッフルコート、ホームパーティーで動きやすいチェックのボトムス、ニットとイヤリングには“ふわふわ”で合わせ、ヘアーにはカチューシャを身につけた。後攻の樋渡は、ガーリーさを演出するミルキーピンクのコートを着衣。コートを脱ぐと、“純白の雪ウサギ”に変身する被りものアイテムを備え、ホームパーティーでのコスプレスタイルに変身した。

 審査前には、小栗が樋渡に向かい「普通の高校生はこの服は着てこない」と主張。対する樋渡は小栗に「『赤』は自信がある人じゃないと着られない」とアピールするも、樋渡の大胆なコスプレスタイルにほかメンバーから総ツッコミが入った。審査に入ると2対1で樋渡が勝者に。MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔が罰ゲームである炭酸ガスのホースを手に持つも、推しメンである小栗に向けて放出することができず、メンバーからクレームが上がった。

      

「AKB48 チーム8 倉野尾成美、ウーマン村本に不信感 「本当、人として無理」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版