>  >  > キンキ光一、HKT48新センターに一言

KinKi Kids 堂本光一、HKT48新センター松岡はなについて「我々の娘でもおかしくない……」

関連タグ
KinKi Kids
くるり
ナオト・インティライミ
VAMPS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の9月9日放送回に、HKT48、EXILE THE SECOND、KinKi Kids、くるり、ナオト・インティライミ、ノラ・ジョーンズ、VAMPSが出演した。

 1番手のナオト・インティライミは、バラエティ番組から生まれた楽曲「Overflows~言葉にできなくて~」をピアノ弾き語りで熱唱。2番手のEXILE THE SECONDは、EXILE AKIRAが先日グループに加入したことについて「下積み時代を共にした仲間もいますし、SECONDのパフォーマンスは僕のルーツを活かせるもの」と語り、SHOKICHIも「このメンバーでドームツアーをやりたい」と、進化するグループの現状についてコメントしたあと「WILD WILD WILD」をパフォーマンスした。

realsound-kinkikidsth_.jpg(C)タナカケンイチ

 3番手のHKT48は、最新曲「最高かよ」でセンターを務める松岡はなについて、彼女を『第2回AKB48グループドラフト会議』で指名した指原莉乃が「最初から目立ってた。オーディションで一人だけロボットダンスをしていたりと目についたので」と告白。松岡は「私が一番後輩なんですけど、誰にも負けないように頑張りたいと思います」と意気込みを語り、同曲を披露した。4番手のKinKi Kidsは、先に登場した16歳の松岡はな(HKT48)について「(年齢的に)我々の娘でもおかしくないんですよね……」と堂本光一がこぼしたあと、吉井和哉が作詞作曲を手掛けた「ホタル」を歌い上げた。

      

「KinKi Kids 堂本光一、HKT48新センター松岡はなについて「我々の娘でもおかしくない……」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版