>  >  > EXILE・松本、中目黒住民からの対応にショック

EXILE・松本利夫、“拠点”中目黒住民からの冷たい対応にショック? 「何を言われたかも覚えていない……」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SMAPの香取慎吾とアンタッチャブルの山崎弘也がMCを務める番組『おじゃMAP』(フジテレビ系)。4月13日の放送では、「芸能人の私生活見えまくり2時間スペシャル」がオンエアされた。

 今回の舞台は中目黒。1000人にインタビューをした“気になるスポット”に関する結果を元に、番組キャストが取材交渉をしながら、その謎を解くという企画を実施。ここではEXILEの松本利夫、梅宮アンナ、ヒロミがゲストとして登場。中目黒にはEXILE関連の店舗も多く点在しており、街中でEXILEの等身大サイズの広告を見つけた香取は、その前に並んで写真撮影をし始め、山崎が「EXILEに香取慎吾入った!奇跡のコラボ」とコメントする一幕も。

 その後、芸能人がよく来ると噂のパチンコ店へ出向いたキャスト一同。香取が人生で初めてパチンコ店に足を踏み入れるという貴重なシーンがオンエアされるも、芸能人は見つからず。また、松本が超豪邸の家主に関する情報を集めようと聞き込みをするも、冷たくあしらわれてショックを受けるなど、収録は難航。松本は、聞き込みを断られた時に「何を言われたかも覚えていない…。40歳にして今までにあんなに冷たい声で話しかけられたの初めてかもしれない…」と表情が暗くなったものの、次の取材先でようやくリベンジに成功。そんな松本の姿を見た梅宮は「やっと笑った」と安堵していた。

      

「EXILE・松本利夫、“拠点”中目黒住民からの冷たい対応にショック? 「何を言われたかも覚えていない……」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版