>  > 「りんご音楽祭」特別対談

「りんご音楽祭」特別対談

水曜日のカンパネラ×ヴィーナス・カワムラユキ×りんご音楽祭主催者・古川陽介が語る「りんご音楽祭」のスピリット

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150326_ringp_5.jpg

 

「りんご音楽祭は人の繋がりと気持ちでやってる」(スリーパー)

ヴィーナス:「RINGOOO A GO-GO」ってバンド以外も応募来るの?

スリーパー:来るよ、ラップグループとか水曜日のカンパネラみたいにトラックで歌う人とか。弾き語りも来るし、何かね今度ダンサーが応募してもいいかっていうの来たよ。

コムアイ:へ〜、面白いね。

スリーパー:色々くるよ〜、アイドルとかも来るし。「りんご音楽祭」を全然知らない人も来るし。あと「RINGOOO A GO-GO」とかは、出てくれた人とは色々絡んでいきたいよね〜。

ヴィーナス:まぁ、オーディションは恋みたいなものだからね〜

コムアイ:それいいね、タイトルそれにしよう、オーディションは恋。 笑

ヴィーナス:そう、オーディションは恋で、契約は愛よ。

スリーパー:そう、オーディションの評価が全然全てじゃないからね。

ヴィーナス:「RINGOOO A GO-GO」はオーディションであり、ライブであるって事だよね、要はそこでお客さんをロックしてる姿とかも見たいしね。そして、そのオーディションに勝ち抜いたバンドと全国ツアーもしたでしょ?

スリーパー:そう、年末にその年の「RINGOOO A GO-GO」に参加してくれたバンドで、僕がいいなって思うバンドに6組ぐらい集まってもらってゴーゴーアワードっていうのをやって、それでグランプリになった「夕暮れの動物園」ってバンドとツアーをしたんだけど、それがすごいよくて、そういう活動をやっていきたいなってすごい思った。

コムアイ:良ければどこまででも面倒見てくれるよね。

ヴィーナス:でもさ、恋は盲目だしさ、恋は唐突だしさ、恋は事件だから。そのテンションの高まりが、うまくステージにパッケージングできたり、他のイベンターさんへのご縁だとか、CDになったり、何がどうなるかわかんないけど、そういう発展の追い風を吹かせてくれるっていうのが「RINGOOO A GO-GO」なんじゃないかな。

スリーパー:まぁ、うちとかは資本も無いし、やれる事は限られてるけど、りんご音楽祭自体がそうであるように人の繋がりと気持ちでやってるから、そこはいっぱいみんなに繋げてあげたいいんだよね。

ヴィーナス:でも、そういう所にエントリーしていない限り、何かは起こらないじゃない?

コムアイ:そうだよね〜、受からないと何も意味が無いって思い込んで出ても面白くないしね〜

ヴィーナス:そこが、メジャーのオーディションと違う特徴だよね、そういうのに共感したり、メジャーの音楽業界が今までのようにやることが難しい中で、あえて等身大の音楽エンターテイメントを提供していくかっていうのが「RINGOOO A GO-GO」なのかもしれないね。

コムアイ:でも間違いなく新しい時代の風は吹くよね「RINGOOO A GO-GO」がやってる間は。

スリーパー:うん。そういうとこに共感してくれる人が集まって来てる、自然と。

「水曜日のカンパネラ×ヴィーナス・カワムラユキ×りんご音楽祭主催者・古川陽介が語る「りんご音楽祭」のスピリット」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版