>  > 渋谷すばる大絶賛の音楽ユニットとは

関ジャニ∞渋谷すばる、動画サイトで見つけた音楽ユニットを大絶賛 「俺がレコード会社の人間やったら、すぐに声かけてる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月16日放送の『関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ』(NACK5)で、渋谷が興奮気味に、動画サイトで見つけたという音楽ユニットについて語る場面があった。

 出だしから、「動画サイトをいろいろと観てたりしたら、久々に“なんじゃコイツは”と。曲がいい、というのは今まで選曲して紹介してきたけれど、“歌がすごいな”というのは久しぶりですね」とまくしたてる渋谷。アーティスト名は「Amber’s(アンバーズ)」で、渋谷は「アコギ&ボーカルと、エレキギターの二人組で、超ハイトーンボイス。(エレキ)ギターの子もうまい」と説明していた。

 ここから渋谷は、ボーカリストについての持論を展開。「ハイトーンボイスの人ってたまに出てくるけれど、“声が高いことがすごい”とされがちで、俺の考え方ですけど、もろ刃の剣なんですよ」と、高音を武器にすると表現力などにスポットが当たらないケースがあるとした。

 しかし、Amber’sに関しては「何がすごいって、(ハイトーンな上に)ちゃんと中身のある歌を歌える。ほんまにうまいなって。曲もいいし、もうデビューするんじゃないすかね」と評価。「ピッチ感が良くて、音感持ってて、音を外さずに歌える人はたくさんいると思うけど、ちゃんといい歌を歌える人ってなかなかいない。俺がレコード会社の人間やったら、すぐに声をかけてるなと」と絶賛していた。

[original] Amber’s(アンバーズ)「name」Live Video

 この話題は「音源かけられへんのが残念。早くCD出してください」との言葉で締めくくられた。有名無名問わず、質の高い動画がフラットに並べられるようになってきた時代、これまでなら埋もれていたかもしれない才能が発掘されることは少なくないが、今回もその例だろうか。まずは渋谷が「渋谷すばるをちょっとでも好きやと思ってくれている人だったら、多分わかると思う。“ああ、すばる好きそうやな、この感じ”って」と語るAmber’sの楽曲に、耳を傾けてみよう。

(文=編集部)

「関ジャニ∞渋谷すばる、動画サイトで見つけた音楽ユニットを大絶賛 「俺がレコード会社の人間やったら、すぐに声かけてる」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版