>  > ジャニーズJr.、動画から各グループの魅力を探る

Snow Man、Travis Japan、SixTONES、東京B少年、HiHi Jets…動画からグループの魅力を探る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月21日、ジャニーズJr.のYouTube公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」で動画の配信がスタートした。同チャンネルでは水曜日はSnow Man、木曜日はTravis Japan、金曜日はSixTONES、土曜日は東京B少年、日曜日はHiHi Jetsと、ジャニーズJr.内の人気グループが動画をアップしていく。3月29日時点で全グループ第一回目の動画がアップされたが、動画を見ると各グループごとに人気の理由が分かる瞬間が垣間見える。

あの時の思い出をもう一度味わえる、Snow Man

 身体能力の高さとアクロバットが売りのSnow Man。3月28日にアップされたSnow Man第一回目の動画は、コンサートの自撮り動画。3月25日に行なわれた『ジャニーズJr.祭り 2018』で披露した初のオリジナルソング「ZIG ZAG LOVE」のパフォーマンスを自撮りしてくれている。動画の説明欄を見ると「ちょっとでも会場の雰囲気を身近に感じてもらいたくて、自撮りしちゃいました!」とある。ファン思いのSnow Manらしい。実際、ファンにとっては何度でもコンサートの思い出に浸れる、嬉しい内容。これまでファンに支えられてきたベテラングループならではの映像だ。

ヌルヌルシリーズで笑いの花が咲くか? Travis Japan

 舞台やコンサートなどで、一糸乱れぬ美しいダンスを披露してくれるTravis Japan。事前に公開されていた企画会議の映像でメンバーの松倉海斗が「ジャニーズらしくないことをやったらいいと思う」と言っていた通り、ステージ上のクールな彼らからは想像できないオモシロ動画がアップされた。第一回目の動画は「ヌルヌル手相撲」。速攻で負けた松倉、七五三掛龍也の髪にヌルヌルをつけてガチギレされる中村海人、転んでも転んでも立ち上がる宮近海斗など、笑わせる場面も十分だ。そして第二回目は「ヌルヌルツイスター」。この時はなぜか全員上半身裸で肉体美を披露していた。ダンススキルの高さから“職人”のようなイメージがあった彼らだが、これを機にバラエティの才能もアピールしていってほしい。

やる時はやる! SixTONES

 やんちゃ系メンバーが集まっているSixTONES。一人ひとりの個性が強く、自分たちでも「バラバラ」と評するほどのバラエティ豊かなキャラクターが魅力として映っている。第一回目の動画では「以心伝心ゲーム」が行なわれていたが、これが面白い。仲の良さをアピールするために挑戦したにも関わらず、全く回答が揃わないのだ。例えば、「SixTONESを英単語で表すと?」というお題では、Free、Amazing、Diamond、Original、Saladとバラバラ。だが、最後の「グループ最大の目標は?」というお題では、「国民的アイドル」「社会現象」と細かな言葉は違うものの一致。キレイな形で企画の幕を下ろした。コメント欄でも「SixTONESの動画は面白い」という意見が多々見られる。普段は自由奔放でも一致団結すべき時はしっかりまとまる。彼らの腕の良さが際立っている。

      

「Snow Man、Travis Japan、SixTONES、東京B少年、HiHi Jets…動画からグループの魅力を探る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版