>  >  >  > 黛ジュンの情報

黛ジュンの情報

(マユズミジュン)

48年、東京生まれ。中学卒業後、米軍キャンプを廻りながら歌手としての素地を磨き、64年に本名の渡辺順子でレコード・デビューするが、全く話題にならなかった。しかし黛ジュンと改名し、ミニ・スカートをトレードマークに67年「恋のハレルヤ」で再デビューを果たしてからは快進撃が始まる。流行のGSを取り入れたサウンドにのって、小柄な体に似合わずパンチの効いた歌唱を聴かせ、若者中心の人気を獲得。翌年の「天使の誘惑」は日本レコード大賞を受賞すると共に、500万枚もの売り上げを記録した。その後人気は低迷するが、80年には映画のイメージ・ソング「風の大地の子守唄」が久々にヒット。83年に三越事件をモデルにしたポルノ映画『女帝』に主演し話題を呼んだ。現在はディナー・ショウを中心にステージ活動を続けている。
また私生活では恋多き女としても有名で、2回の離婚を経たうえ、最近では作詞家の里村龍一と入籍から2ヶ月で破局し、ワイドショウを騒がせた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版