>  > LOVE PSYCHEDELICOが、今音楽で伝えたいこと

『LOVE YOUR LOVE』発売記念:KUMIソロインタビュー

LOVE PSYCHEDELICO KUMIが今音楽で伝えたいこと「“LOVE”の本質がリアルになってきた」

関連タグ
LOVE PSYCHEDELICO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LOVE PSYCHEDELICOが約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『LOVE YOUR LOVE』を完成させた。「Good Times,Bad Times」(2014 ジャックスCMソング)、「Place Of Love」(映画『昼顔』主題歌)などを含む本作は、作詞・作曲はもちろん、録音、ミックスなど、ほぼすべての工程をKUMI、NAOKIのメンバー2人だけで手がけた作品。よりメロディアスになった楽曲、生々しさが伝わるサウンドメイクを含め、最新型のLOVE PSYCHEDELICOが明確に提示されたアルバムに仕上がっている。

 新たな傑作と呼ぶべき『LOVE YOUR LOVE』のリリースに際して、リアルサウンドでは、KUMI、NAOKIのソロインタビューを企画。第1回目はKUMI。「Good Times,Bad Times」で得た新たな手応え、『LOVE YOUR LOVE』というタイトルに込めたメッセージ、NAOKIとの関係性、さらにライブに対するスタンスまで、幅広く語ってもらった。(森朋之)

「『次のアルバムは未知の世界になるだろうな』と感じていた」

ーーニューアルバム『LOVE YOUR LOVE』が完成しました。前作『IN THIS BEAUTIFUL WORLD』から約4年ぶりの新作ですね。

KUMI:4年ぶり、というのは結果としてという感じですね。同時進行があまり得意なタイプでもないので。ベスト(『LOVE PSYCHEDELICO THE BEST I』『LOVE PSYCHEDELICO THE BEST II』/2015年)の制作をしているときは曲作りがストップしていたし、それからアルバムを作り始めたわけだから、結果として4年経っていたと。

ーー2015年にベストアルバムをリリースして、高橋幸宏さんをドラマーに据えて全国ツアーを開催。さらにアジアツアーもありましたが、アルバムの制作はその後から?

KUMI:そうですね。ベストアルバムのツアーが2015年の春にあって、その後夏フェスにも出て、アジアツアーがあって。去年(2016年)の頭に「C‘mon,It’s My Life」と「This Moment」を制作して、アルバムのレコーディングは夏くらいから始めました。

ーーライブの時期が終わって、すぐに制作に入ったんですか?

KUMI:ちょっと休みもありました。ひとつの流れが終わると、1カ月くらい休みます。旅行に行くこともありますね。

ーー羨ましいです(笑)。旅行することで曲のインスピレーションを得ることも?

KUMI:どうだろう? “ネタ探し”みたいな意識は全然なくて、その時々で行きたいところに行く。後になってそのときの記憶が曲のなかに出て来ることもあるだろうけど、旅行中は楽しんでるだけだね。

ーーなるほど。今回のアルバム『LOVE YOUR LOVE』の制作にあたって、何かテーマのようなものはありましたか?

KUMI:特に制作の前からテーマを持っていたわけではないんだけど、「Good Times,Bad Times」がきっかけになっているかな。前のアルバムの後、最初に作ったのが「Good Times~」なんだけど、そのとき明らかに「またひとつ新しい曲に出会った」という感じがあって。その後「Love Is All Around」と「This Moment」を作ったときも新しい扉を開いた感じが続いていたから、「次のアルバムは未知の世界になるだろうな」と。

ーー「Good Times~」を作ったときに感じた「新しい曲に出会った」という感覚は、具体的に言うとどういう感じなんですか?

KUMI:感覚でしかないけど、楽曲としては、わりとメロディ中心なのかな。それに沿って、コード進行も多い。これまではギターのリフだったり、ロックな感じの楽曲が多かったんだけど、「Good Times~」はそうじゃなくて、鍵盤で作ったかのような雰囲気もあって。実際はギターで作っているんだけどね。

ーーリフを中心にしたロックというより、ポップスに近いイメージなんですか?

KUMI:そうかもしれないね。70年代の良質なクラシック・ポップロック、たとえばキャット・スティーブンスやキャロル・キングのような。

ーーなるほど。確かに今回のアルバムはいままでと雰囲気が違いますよね。メロディが豊かになっている、サウンドの手触りも生々しくて。リスナーとしても、新しいLOVE PSYCHEDELICOに出会えたなって。

KUMI:よかった。

ーー制作はもちろん、このスタジオ(LOVE PSYCHEDELICOのプライベートスタジオ“GOLDEN GAREPEFRUIT STUDIO”)なんですよね?

KUMI:そうだね。10年前にこのスタジオを作って、4枚目の『GOLDEN GRAPEFRUIT』からここで制作をはじめて。それからはずっとここで作ってるんだけど、いままでと違うのは、ミックスまで自分たちでやったということかな。いままではレコーディングまで2人でやって、最後のミックスは信頼しているエンジニアと一緒にという感じでした。これまでは、商品としてちゃんと完成させるには仕上げは確かな腕を持ったエンジニアと一緒にと思っていたんだけど、だんだんと曲作り、レコーディングの延長でミックスまで自分たちでやってみたいなと思いはじめてね。

「LOVE PSYCHEDELICO KUMIが今音楽で伝えたいこと「“LOVE”の本質がリアルになってきた」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版