>  >  > 植田真梨恵、今年の夏フェスで躍進なるか?

今年の夏フェスで躍進なるか? シンガーソングライター・植田真梨恵の新作が示した可能性

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メジャーデビュー3年目を迎えた植田真梨恵がニューシングル「ふれたら消えてしまう」をリリースする。夏の野外をイメージして制作されたというこの曲は、シンガーソングライターとしての彼女の魅力が凝縮されたナンバー。2016年の夏フェスシーズンでも大いに注目を集めることになりそうだ。

 2014年8月にシングル『彼に守ってほしい10のこと』でメジャーデビューした植田は、全国各地で精力的にライブ・ツアーを行い、アーティストとしての地盤を築き上げてきた。2016年の年明けにはピアノをテーマにした全国7都市のツアーを開催。さらに4月にはビルボード大阪でのワンマンライブを成功させ、『HAPPY JACK』(熊本)、『SANUKI ROCK』(香川)、『百万石見放題』(石川)などの春フェスにも積極的に参加するなど、自らのステージングをアピールしてきた。丁寧なライブ活動で自らの楽曲を伝えるという真っ当なスタンスはCDセールスにも徐々に反映し、2016年1月にリリースされた『スペクタクル』はオリコンデイリーチャート初登場12位と自己最高位を記録。“ポジティブとネガティブ”“悲しさと嬉しさ”を区別するのではなく、自分のなかに存在するすべての感情を受け入れながら前に進んでいこうという決意をパワーポップ調のサウンドに乗せたこの曲は、シンガーソングライターとしての成長を示している楽曲と言えるだろう。

 良い状況が整いつつあるなかでリリースされる5thシングル『ふれたら消えてしまう』は前述の通り、夏の野外ライブで歌うことを想定して書かれたというアッパーチューン。しなやかな起伏に富んだリズム、心地よく歪んだギターを中心にしたバンドサウンド、抑制の効いたAメロから開放感に溢れたサビのコントラストが印象的なメロディ構成がひとつになったこの曲は、夏フェスのオーディエンスからJ−POPユーザーまで、幅広い層のリスナーに訴求するクオリティを確かに備えている。さらに注目してほしいのは歌詞。“すべてを忘れて楽しもう”ではなく、「ふれたら消えてしまう」のなかで植田は<すべては一瞬にして過去になる>という事実を真っ直ぐに表現している。どんなに楽しいことも、どんなに大事なことであっても、その瞬間の感情は時間の経過とともに形を変え、その多くは失われてしまう。しかし、だからこそ我々は“目の前の瞬間を自らに刻みこむ”という欲求を捨てられないし、それを可能にするひとつの方法が音楽なのだ、と。そう、植田真梨恵は「ふれたら消えてしまう」で音楽という表現の本質そのものを描こうとしたのだと思う。夏フェスソングを想定しながら、こんなにも切実で普遍的な歌を放ってしまうところも、彼女のソングライターとしてのポテンシャルの高さにつながっていると言えるだろう。

 カップリングには高校野球をモチーフにしたアグレッシブなロックチューン「ルーキー」(やや巻き舌の挑発的な歌いっぷりが素晴らしい)、初めて故郷・福岡県久留米市のことを思って書いたというアコギ弾き語り曲「まわりくるもの」(目の前にいる人に優しく語りかけるような歌声が沁みる)を収録。どちらの曲も夏の情景と結びつくが、表現のスタンス、ボーカルの手触りはまったく異なる。シングルの3曲だけでも、彼女のソングライティングの豊かさは十分に感じてもらえるはずだ。

 シングルのリリース後は、夏のライブ・シーズンに突入。まず7月23日に東京・赤坂BLITZでワンマンライブ『PALPABLE!BUBBLE!LIVE!-SUMMER 2016-』を開催。さらに『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』、『MONSTER bash 2016』などの大型フェスへの出演も決定している。高揚感に溢れたサウンドとポップな手触りを備えたメロディ、人間という存在の根本に迫るようなリリックが共存する「ふれたら消えてしまう」が、アーティストのショーケース的な意味合いもある夏フェスにおいて、どんな風景を作り出すことができるか…? その結果をぜひ注視してほしいと思う。

(文=森朋之)

■ライブ情報
植田真梨恵SPECIAL LIVE “PALPABLE! BUBBLE! LIVE! -SUMMER 2016-“
2016年7月23日(土)東京都 赤坂BLITZ

20160519-uedasyo.jpg植田真梨恵『ふれたら消えてしまう』初回限定盤 20160519-uedatsu.jpg植田真梨恵『ふれたら消えてしまう』通常盤

■リリース情報
植田真梨恵
5thシングル『ふれたら消えてしまう』
発売日:7月6日(水)
価格:初回限定盤(CD+DVD)¥1,852+税
   通常盤(CD+Photobook)¥1,600+税

<収録曲>
1.ふれたら消えてしまう
2.ルーキー
3.まわりくるもの
4.ふれたら消えてしまう –off vo.–
5.ルーキー –off vo.–

<初回限定盤DVD収録内容>
2015.11.30 shibuya eggman -hiki gatari live-
a girl
ハイリゲンシュタットの遺書
心と体
さよならのかわりに記憶を消した
クリア
わかんないのはいやだ

■関連リンク
植田真梨恵オフィシャルYouTube チャンネル
植田真梨恵オフィシャルサイト
植田真梨恵オフィシャルブログ
植田真梨恵twitter

「今年の夏フェスで躍進なるか? シンガーソングライター・植田真梨恵の新作が示した可能性」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版