>  >  > 『キスブサ』が持つ新しさと可能性

Kis-My-Ft2と『キスマイBUSAIKU!?』が持つ新しさと可能性 グループは今後どう変化していく?

関連タグ
JPOP
アイドル
キスマイBUSAIKU!?
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-kismyftth_.jpg

(C)タナカケンイチ

 Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ)の11月16日放送回に、ゲストとしてTOSHIが出演。「失恋した先輩をなぐさめて片思いを伝えるラブソング」をテーマに、メンバーがかっこ良さを競い合った。

 同番組は、Kis-My-Ft2のメンバーが“自分のカッコ良さが最も出る瞬間”をテーマに、各メンバーが本気で“かっこいい”と思うシーンを考え、自らが主演した映像を制作。そのセルフプロデュースした映像を、キスマイのことをよく知らない女性100人に審査してもらい、1位(=チョーカッコイイ)から7位(=BUSAIKU)まで順位付けされるという体当たりな企画を売りにしており、人気や見た目の優劣ではなく、立ち居振る舞いで毎回変化するガチさに、ファンやメンバーが毎回一喜一憂している。

 また、オンエアをきっかけにして横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永による派生ユニット・舞祭組が誕生するなど、グループの躍進に大きく影響している同番組だが、ジャニーズ史においてはどう位置づけることが出来るだろうか。『中居正広という生き方』『紅白歌合戦と日本人』の著者で、リアルサウンドで『ジャニーズとテレビ史』を連載に持つ社会学者の太田省一氏はこう解説する。

「『キスマイBUSAIKU!?』が他のジャニーズタレントの持つ冠番組と違う面は、メンバーが行う立ち居振る舞いを評価するのが、ファンではなく一般女性に近い感性の人たちだということです。ジャニーズの番組がジャニーズファンの視聴者を中心に考えるのは当然ですが、『キスマイBUSAIKU!?』はそれに加えてストレートに一般女性の意見が反映されることで風通しが良いものになっていて、ファンにもそうでない人にとっても面白い企画性を持ったものになっています。また、一般女性が考えていることを知れる“恋愛マニュアル”として機能している側面もあり、男性視聴者を獲得できていることも、ファン以外へ人気が波及している理由の一つなのかもしれません」

 また、同氏はグループの前列と後列メンバーに生じる“格差”を逆手に取った舞祭組の登場も、『キスマイBUSAIKU!?』がオリジナリティを持った契機だと指摘する。

「舞祭組の活動は毎回のランキング企画とは別に、SMAPの中居正広がプロデュースを手がける形で進んでおり、Kis-My-Ft2というグループの中だけで完結していません。また、バラエティ番組が広く浸透していく条件として、ストーリーが生まれていくこと、いろんな展開が次々と生まれることで視聴者を飽きさせないという仕掛けが必要です。舞祭組にはこのストーリー感があり、グループが誕生した後、他局の番組にも活躍の場が広がり、また先日アルバムが出るとサプライズ発表されて今度はチャート1位を獲得できるかどうかなど、期待感が持続していくところも番組自体のファンを増やしているといえるでしょう」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版