>  >  > JUJU、シンガーとしての威厳

JUJU、渾身のバラード『WITH YOU』に見るシンガーとしての威厳 新曲のメッセージを読み解く

関連タグ
JUJU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月にリリースした『PLAYBACK』が今なおロングランを続けているJUJUから、早くも新曲が届いた。タイトルは『WITH YOU』。記念すべき自身30枚目のシングルだ。これまで『やさしさで溢れるように』『また明日…』など彼女の代表曲を手がけてきた亀田誠治をプロデュースに迎えた今作は、“これぞJUJU!”とも言える渾身のバラードに仕上がっている。

 そもそも『WITH YOU』は、今年3月より『NEWS23』(TBS系)のエンディングテーマに起用されており、オンエア開始とともに反響も大きく、リリースを待望する声が高まったことで今回のリリースとなった。

 同曲の発表時にはJUJUから「世の中で起こるいろいろなことを目の当たりにしては感情がめまぐるしく動く日々の中で、少しでも明日への希望を灯せたらと思いながら心をこめて歌わせていただきました。皆様の心にとどきますように。」というコメントも発せられ歌詞の一節からは、愛しい誰かを想う強い気持ちが見て取れる。

「世界にたったひとつの温もりを 今 あなたに届けたいから わたしは そう ここにいるの ひとりじゃない そばにいるから」

 JUJUといえば、さまざまな恋の歌で知られるが、“ままならない恋”や“辛い別れ”など、どちらかといえば悲恋イメージがあるのも事実。しかし、本作には未来につながる前向きな言葉が紡がれ、心地よい幸福感が満ちている。楽曲もピアノとストリングスが絡み合う繊細な導入から、持ち前の美しい高温域を響かせるサビへ、王道でありながらJUJUの本領がいかんなく発揮された構成。切なくも力強く歌い上げるさまは、日本の音楽シーンを代表するシンガーとしての威厳さえ感じられる。何より、このような楽曲を“ファンのために”と発表できることが、彼女がいかにいい環境で音楽と向き合えているかの表れ。長らく応援してきた人たちにとっても、これほど“ファン冥利”に尽きることもなかろう。

 若くして渡米し、本場でジャズやR&Bに触れたことを原点に持つJUJU。外の世界を知った経験はフラットな人柄にも表れており、トーク番組などで見せる歯に衣着せぬ物言いは好感度も高い。その一方では、年齢や本名を明かさないミステリアスな一面も。そんな彼女のパーソナリティーは、そのまま音楽性ともリンクする。多くの共感を呼びながら、決してありきたりな表現には組せず、個性的であり続けること。誰が歌っても同じではないからこそ、心に響く楽曲たち。歌からアーティスト自身が垣間見えることで聴き手が何を感じるかというと、それは信頼感にほかならない。それは、音楽と真摯に向き合う姿勢が生んだ、JUJUというアーティストの絶対的な魅力のひとつだ。『WITH YOU』では、私たちに改めてその力を感じさせてくれた。

 カップリングに収録されている『WITH YOU』アコースティックバージョンでは、「X FACTOR OKINAWA JAPAN」の初代グランプリに輝いたSky’s The Limitの山本卓司とのデュエットを披露。公開中のMVでも、一発撮りで撮られたというふたりの素晴らしいハーモニーを聴くことができる。

 デビューから10年を経て、次のステージへと歩み始めたJUJU。どこに歌を届けるか、その方向性が明確になった今、彼女に迷いはないはず。歌い手として今後さらなる活躍を見せてくれることを期待したい。

(文=板橋不死子)

■リリース情報
『WITH YOU』
発売:2015年9月23日
初回生産限定盤(CD+DVD):¥2,000(税込)
「JUJU JAZZ LIVE 2014 with TAKUYA KURODA QUINTET from NY at Blue Note Tokyo -Digest-」収録
〈Disc.1〉
1.WITH YOU
2.WITH YOU -Acoustic ver.-
3.つぐない
4.PLAYBACK -kz & banvox Remix-
〈Disc.2〉
1.My Life (JUJU JAZZ LIVE 2014 with TAKUYA KURODA QUINTET from NY at Blue Note Tokyo)
2.Night And Day (JUJU JAZZ LIVE 2014 with TAKUYA KURODA QUINTET from NY at Blue Note Tokyo)
3.Misty (JUJU JAZZ LIVE 2014 with TAKUYA KURODA QUINTET from NY at Blue Note Tokyo)
4.Candy (JUJU JAZZ LIVE 2014 with TAKUYA KURODA QUINTET from NY at Blue Note Tokyo)
5.Girl Talk (JUJU JAZZ LIVE 2014 with TAKUYA KURODA QUINTET from NY at Blue Note Tokyo)
6.Quizas, Quizas, Quizas (JUJU JAZZ LIVE 2014 with TAKUYA KURODA QUINTET from NY at Blue Note Tokyo)

通常盤:¥1,258(税込)
1.WITH YOU
2.WITH YOU -Acoustic ver.-
3.つぐない
4.PLAYBACK -kz & banvox Remix-

■ライブ情報
「JUJU Official fan club JUJU FAM会員限定ライブ「JUJU FAM LIVE / FAMILY AFFAIR」」
11月6日 大阪 Billboard Live OSAKA
11月7日 大阪 Billboard Live OSAKA
11月14日 東京 Billboard Live TOKYO
11月15日 東京 Billboard Live TOKYO
http://www.juju-official-fc.jp/

「第21回 東京ガールズコレクション2015 AUTUMN/WINTER」
9月27日 東京 国立代々木競技場第一体育館
http://tgc.st/

http://www.jujunyc.net/

「JUJU、渾身のバラード『WITH YOU』に見るシンガーとしての威厳 新曲のメッセージを読み解く」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版