>  > 中原昌也×宇野維正 対談

リアルサウンド映画部 記事先行公開Part3

中原昌也×宇野維正 連載対談「試写状が来ない!?」第1回

関連タグ
アニー
シェフ 三ツ星フードトラック始めました
ターミーネーター:新起動/ジェニシス
トゥモローランド
マッドマックス 怒りのデス・ロード
宇野維正
映画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつては映画館のアルバイトでもぎりを一緒にやっていて、その数年後、編集を手がけていた音楽誌で初めて映画のコーナーをもった時には対談の相手になってもらった。今回、リアルサウンド映画部をスタートさせるにあたっても、やはりこの人に登場願わないことには何も始まらないと思ったのです。Hair Stylisticsとしての音楽活動のかたわら、数々の文学賞に輝く著作を発表している作家にして、稀代の映画の語り手、中原昌也氏。もう誰も覚えていないと思いますが、連載タイトルは1997年から1999年にかけて『BUZZ』という雑誌で続けてきたコーナーからそのまま流用させてもらいました。今回は久々の復活第1回目ということで、2015年上半期の作品を振り返ろうと思っていたのですが……。(宇野維正)

「『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は1回だけ観たって人がいない!?」

madmax-mainth_.jpg

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

宇野維正(以下、宇野):というわけで、映画についての対談連載を中原くんに付き合ってもらいたいと思ってるんですよ。昔やっていたのと基本同じ。

中原昌也(以下、中原):あれやってたの大昔だよね。15年くらい前?

宇野:おそろしいことに、まだ20世紀だった。タイトルも昔と同じ『試写状が来ない!』でいいかな? まぁ、実際のところ、今はおかげさまですべての映画会社からいただいているけど。

中原:俺んとこは来ないよ!

宇野:今日は久々だし、「リアルサウンド映画部」のプレオープン記事の一つということもあるので、「2015年上半期の作品を振り返る」ってことでどうでしょう?

中原:上半期……。うーん、何があったっけ? あ、『アニー』って今年だよね?

宇野:『アニー』!? いきなり『アニー』!? ゴメン、全然予想もしてなかったところから球が飛んできた。『アニー』……完全に盲点だったわ。 

中原:すごいクールな映画だったよ。

宇野:クールなの!? あの有名なミュージカルを映画化したやつで、ジェイミー・フォックスが出てるやつだよね?

中原:いや、成功してるか失敗してるかっていったら失敗してるんだけど、ちょっとエレイン・メイの『イシュタール』(1987年)みたいな良さがあったんだよね。これは他の人も言ってたことなんだけど、ミュージカルがおっぱじまると、その背景で誰かがそれを冷静な顔をしていて見ている人がいるんだよ。あと、歌も歌わない関係ない人が、素っ頓狂な踊りをいきなり踊り始めたりするの。

宇野:そこがクール?

中原:うーん、ネタバレになってもいい?

宇野:『アニー』のネタバレを気にする人はいないんじゃないかな。

中原:最後の方は選挙の話になるんだけど、「もう選挙なんてやめた!」って叫んで、歌って踊って終わるっていう。しかも、最後のシーンではその様子をテレビで見ているおっさんたちが「こりゃダメだな」とか言ってるの。

宇野:松本人志の映画みたいだ(笑)。

中原:まぁ、『アニー』を上半期のベストとかに挙げる人はあまりいないだろうけど……。

宇野:うん、聞いたことない。いや、でもね、今年『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のことをあれだけみんなが話題にしている時に、中原くんと頻繁に会っていた20年近く前、顔を合わせる度に中原くんが「『ベイブ/都会へ行く』(1998年)がすごい! 泣いた! もう3回観た!」って言ってたのをよく思い出してたんだ。俺なんかさ、「え? ブタの映画だろ?」くらいな感じでスルーしてたんだけど、やっぱり見てるところが違うんだよ。さすがだね。90年代のジョージ・ミラーについてリアルタイムで熱く語ってた男は中原くんくらいだよ。

中原:そんなの大したことないよ。みんな言ってたよ。

宇野:でもね、そこにはもう絶対的な信頼があるんだよ。まぁ、だからといって『アニー』のDVDを今日この足で借りに行くかっていったら、行かないけどさ(笑)。で、もう語り尽くされている感もあるけど、その『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はどうだった?

中原:このあいだ本のサイン会の後の飲み会で、女子も含めてそこにたまたま6人いたんだけど、そのうちの3人が2回観たって言ってて、残りの3人は観てない。つまり、1回だけ観たって人がいないの(笑)。確かにさ、そんな映画これまでなかったよね。

宇野:自分も3回観た。あれはどうしても繰り返し観たくなる。密度が濃すぎて一回じゃ気づかないことも多いし、いろんな方式で上映されてるし。

中原:でも、後から3D化してるから、3Dでの見どころって、最後の方でギターがガーンって飛び出してくるところだけじゃん(笑)。俺も1回目は『マッドマックス』の1と2と一緒に上映したオールナイトで観て、2回目はMX4Dで観て、3回目は立川(シネマシティ)の爆音上映で観たいと思っていたんだけど、立川遠くてさ(笑)。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版