>  >  > 乃木坂46『じょしらく』選考レポート

乃木坂46『じょしらく』オーディション詳細レポ 松村沙友理「メンバーはライバルであり仲間」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
オーディション
舞台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150330-nogizaka2.jpg

 乃木坂46が、3月29日に舞台『じょしらく』の公開オーディションを行った。

 同舞台は、別冊少年マガジンにて2009年から4年間連載された久米田康治とヤスによる人気漫画を原作とし、6月18日より渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演がスタートするもの。初の舞台化となる今回は、乃木坂46のメンバーが主人公の5役をそれぞれ3人ずつが務める“トリプルキャスト方式”で上演されることがあらかじめ発表されていた。

20150330-nogizaka4.jpg

 この日のオーディションに参加したのは、伊藤純奈・伊藤かりん・伊藤万理華・井上小百合・衛藤美彩・川後陽菜・北野日奈子・齋藤飛鳥・斎藤ちはる・斉藤優里・相楽伊織・佐々木琴子・新内眞衣・鈴木絢音・高山一実・寺田蘭世・永島聖羅・中田花奈・中元日芽香・能條愛未・星野みなみ・堀未央奈・松村沙友理・山崎怜奈・和田まあや・渡辺みり愛の26名(樋口日奈と川村真洋は学業その他の理由により欠席)。審査員には舞台制作を手掛けるネルケプランニングの松田氏や、脚本・演出を担当するSUGARBOYの川尻恵太氏にマガジン編集部の2名を迎え、一般投票と4氏による協議のうえで選考が行われた。

20150330-nogizaka6.jpg

 今回のオーディションは26名のメンバーを3ブロックに分け、「暫定的に立候補した役で1人芝居」「同ブロックから相手役を指名して2人芝居」「川尻氏からの質問に即興で回答」「ブロックメンバー全員によるエチュード(即興芝居)」の4段階で実施。冒頭こそ各メンバーや客席に緊張が見えたが、第一ブロックの「1人芝居」では、伊藤万理華が空琉美遊亭 丸京(くうるびゆうてい がんきょう/以下:丸京)の台詞をシリアスに語ったり、舞台経験者である井上や衛藤は、舞台を所狭しと駆け回って圧巻のパフォーマンスを繰り広げたり、北野が波浪浮亭 木胡桃(はろうきてい きぐるみ/以下:木胡桃)を物怖じせず堂々と演じきっていた。続く「2人芝居」では、齋藤飛鳥が伊藤万理華を指名した演技で、齋藤の“毒舌キャラ”が活きる演技を披露し、この日初めて緊張状態の客席から大きな笑いが起こった。各自が川尻氏からの質問に答えたあとの「エチュード」では、「『あ』しか話せない運動会」という設定のもとに演技。途中で「動物が入ってきた」「雨が降ってきた」などの追加設定が加えられ、メンバーは試行錯誤しながら対応を行った。

20150330-nogizaka7.jpg

 第二ブロックの「1人芝居」では、中田が登場人物の暗落亭 苦来(あんらくてい くくる/以下:苦来)に自身の“自虐キャラ”を重ねあわせて厚みのある演技を見せたり、高山は「原作ファンの方に怒られないか心配で」と後ろ向きな発言をしつつ、個性の強い台詞回しで存在感をアピールした。「2人芝居」では、二期生の多かった(相楽伊織・佐々木琴子・新内眞衣・寺田蘭世)同ブロックにおいて、新内が約半数のメンバーから指名を受けたり、中元と斉藤優里が互いを相手役に選んで演技を行うなど、それぞれの思惑が見て取れた。質問後のエチュードでは、「卵から孵化するところ」という設定のもと、メンバーが演技を披露。追加設定の「鳴き声が食べ物の名前」に対し、「カレーうどん!」と叫んだ斉藤などが印象に残った。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版