>  >  > AKB48「春の人事異動」でどう変わる?

AKB48、衝撃の「春の人事異動」でどう変わる? 相次ぐ兼任解除、グループ移籍を読み解く

関連タグ
NMB48
SKE48
AKB48
乃木坂46
AKB48グループ
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141024-akb3.jpg

AKB48『AKB48グループ東京ドームコンサート ~するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?~(Blu-ray5枚組)』

 AKB48が3月26日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行ったライブ『AKB48 春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~』で、「AKB48 春の人事異動」を発表した。

 同ライブ中にも、チーム8初の選抜メンバーによる新ユニットが結成されることや、40thシングル『僕たちは戦わない』の表題曲センターを島崎遥香が務めることなどが明かされたが、「AKB48 春の人事異動」ではさらに大きな発表が行われた。まずは乃木坂46の生駒里奈とSKE48の松井玲奈による“交換留学”が解除されること、 AKB48の北原里英がNGT48に移籍してキャプテンを務めるほか、AKB48の柏木由紀がNMB48との兼任を離れ、NGT48との兼任に。そのほか各チームのキャプテンや兼任解除メンバー、異動メンバーが発表されたあと、最後にはAKB48の川栄李奈が襲撃事件の影響で握手会に参加できないことや女優への道を目指すことを理由に、グループを卒業する旨がアナウンスされた。

 さまざまな動きがあった今回の人事異動だが、この背景からどういったことが読み取れるだろうか? 『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う』の著者であり、AKB48グループに詳しいライターの香月孝史氏は、まずは川栄の卒業発表とチーム編成についてこう分析する。

「川栄は次世代を背負って立つメンバーとして期待されていたため、卒業発表の衝撃 は大きいです。しかし、AKB48に在籍する限りは、握手会というイベントは必須になってくるため、『いつ復帰するの?』という目で見られることには耐えがたいものもあったでしょう。昨年はドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)に出演するなどして女優としての場を与えられていたため、これからの彼女に期待したいです。チーム編成に関しては、チーム4が高橋朱里をキャプテンに置き、副キャプテンには岡田奈々が就任したことで、創設時の“若手のみである程度回していく”というテーマに準じたものになった。兼任では田島芽瑠さん以外のてんとうchu!メンバーが入るなど、層も厚くなり、見どころは多そうですね。一方、チームKに関しては、峯岸みなみさんのキャプテン就任は収まりの良い決断だと思いますが、他のチームと見比べたときに、まだチームカラーがハッキリ見えず、未知数な部分がかなりあります」

 続けて、北原と柏木がそれぞれ新グループNGT48に移ることについて、同氏は劇場公演の重要性から明るい話題だと語る。

「姉妹グループに主要メンバーを移籍させるのは、偶発的とはいえHKT48における指原莉乃という大成功例があります。彼女が道を作ったことにより、ファンも今回の北 原移籍をポジティブに受け取ることができるようになった。北原は元来AKB48のなかで立ち位置も固まってきている人ですし、グループにそのまま居て新鮮な面を見せるのは難しいかもしれないので、今回の移籍によって彼女がまた新たな一面を見せるかもしれないという楽しみがありますね。また、48グループはどこも劇場公演を軸にしていくというコンセプトはブレないので、劇場公演での評価が高い柏木さんと北原さんの2人が土台作りの段階から関わるということは、グループにとっていいスタートダッシュを切れる材料となるでしょう」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版