>  > tha BOSS×般若、年末ラップ対談

tha BOSS feat.般若『NEW YEAR'S DAY』対談

tha BOSS×般若が語る、日本のヒップホップの臨界点「ラッパーの表現の質はどんどん上がっていく」

関連タグ
般若
ヒップホップ
ラップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0042th_.jpg

左・般若。右・tha BOSS。

 THA BLUE HERBのラッパー・ILL-BOSSTINOが、ソロ名義「tha BOSS」として、同じくソロで活躍するラッパー・般若とコラボレーションし、シングル『NEW YEAR'S DAY』を12月10日にリリースした。同作は、12月26日に東京・LIQUIDROOMにて行われるツーマンライブ「One Mic」に向けて制作されたもので、90年代後半より日本のヒップホップシーンの前線を走り続けてきたふたりが初めてタッグを組んだ作品だ。

 北海道・札幌にレーベル「THA BLUE HERB RECORDINGS」を立ち上げ、自分たちにしかできないヒップホップを深く追求し、そのストイックな姿勢と独自のスタイルでシーンにおける圧倒的な支持を獲得してきたtha BOSS。元・妄走族のメンバーで2003年からソロとして活動を開始、数々のMCバトルではその勝負強さを見せつけ、一方ではシンガーソングライターの長渕剛と親交を持つなど、オリジナリティ溢れる活動を展開し、唯一無二の存在感を示してきた般若。ラッパーとして確かなスキルを培ってきたふたりは、なぜ今のタイミングで共作を行い、世に出したのか。そして、現在の日本のヒップホップシーンについて思うところとはーー。作品の聴きどころから、お互いの表現論について、さらにはこれからのヒップホップに寄せる期待まで、じっくりと語り合った。聞き手は、音楽雑誌を中心に活躍する編集者の上野拓朗氏。(編集部)

tha BOSS「一緒に曲をやるのは時間の問題だった」

――こういう“夢の組み合わせ”みたいなコラボレーションって、タイミングだったり環境だったり、いろんな要素が折り重なって実現すると思うんですけど、今この時期に「NEW YEAR'S DAY」っていうまさにドンピシャな曲をリリースするアイデアは、どこから出てきたものなんですか?

tha BOSS:まあ、リキッド(リキッドルーム)だね。リキッドで12月26日にツーマンをやるってことが決まって、それが10月頃だったのかな……まだ時間もあったから、“じゃあ、1曲作ろうか”という流れで。

般若:お互いの中で、いつかは一緒にやるだろうっていうのが、絶対にあったと思うんで。だからタイミングなのかなって。今回のリリックの題材に関しては、BOSS君からいただいたもので、年末っていうモロにピンポイントだったこともあるし、いいかなと思いました。

tha BOSS:バンドのライブからインスピレーションを受けることもあるけど、どうせなら自分のスタイルと同じ1MC+1DJのライブから、いろいろ学びたいっていうのは常にあって。そうなってくると、俺の世代で1MC+1DJで生き残って、ちゃんとしたクオリティでコンスタントに全国キャパを問わず色んな会場でライブをしている人間っていうと、同世代ではもういないからさ。それを考えたら般若とか、田我流もそうだね。そっちの世代に目を向けたら、凄いヤツらがめちゃめちゃいるから。しかもクオリティが高いし。で、俺はそっちの方にここ何年間は常に視線がいってるというか。そういう人たちと勝負してる方が面白いし、だから一緒に曲をやるのは時間の問題だった。特に般若や田我流とかはライブでブッキングされることもあったから。そういう時に少しずつリンクしていって、距離が縮まっていった。でも、曲を作ろうぜ、よしやろう!っていうのは瞬発力だから。ノリだよ。今回はたまたまそれがうまくハマったなって。

――リリックは、シンプルに今年を振り返るっていう内容ですよね。

般若:自分は超個人的なことをむちゃくちゃ言ってますけど、そこはBOSS君と真逆なところというか。BOSS君の場合は、もっといろんな人にわかるようなリリックで。だから、まとまったかなとは思うんですけどね。(リリックを)書き始めてからは自分の場合は早いんで、最初は10分くらいで書いたんじゃないかな。時系列に書いていって。そこからBOSS君に指摘されたところも考慮して2回ぐらい直してって感じですかね。

tha BOSS:年末に歌う曲っていうのは、去年の暮れに考えてたんだよね。

般若:いいっすね。

tha BOSS:そういう曲ないよなって。クリスマスになると、いつもジョン・レノンの曲(「ハッピー・クリスマス」)がかかって。深いところだと、SIONの「12月」っていう曲もある。そういう曲ってヒップホップにはないなって、去年の12月くらいに何気に思って。で、般若と一緒にやることになった10月くらいだと、年末のことってリアリティがまだあんまりなかったんだよ。でも、毎年、その時は絶対に来る。来年も再来年も来る。“年末”っていうのは必ず来るから、その時にだけかかればいいし、その時にだけライブでできればいいくらいのノリなんだよね。その中で般若に今年起こったことっていうのは、当事者ではなく離れた俺から見ても、結婚したり、子供ができたり……っていうのは、Bボーイでマイク1本で戦ってきたMCにしてみたら、強烈な変化だと思うんだよ。表現そのものが揺さぶられるくらいの変化というか。だから、そこをリリックに入れてほしいと伝えたし、そこを歌うべきだと俺は思った。

般若:個人的にこの一年は半端じゃなかったっす(笑)。一年に2回ワンマンやったし、結婚、出産、事件とか、とにかくめちゃくちゃでした。でも、この曲の題材はめちゃくちゃキャッチーですよね。

tha BOSS:本当に。忘年会ソングになってほしいよ(笑)。

般若:みんな歌えないけど(笑)。

tha BOSS:カラオケだったらいいんじゃない?

般若:無理だと思います(笑)。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版