>  >  > ジャニーズWESTの”ノリ”と“伸びしろ”

ジャニーズWEST、ブレイクに向けて快走 新シングルで見せた「伸びしろ」とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140424-west.jpg日生劇場『なにわ侍 ハローTOKYO!!』公式ホームページより。

 10月8日に2ndシングル『ジパング・おおきに大作戦/夢を抱きしめて』をリリースしたジャニーズWEST。10月9日付のオリコンデイリーランキングでは見事1位を獲得し、順調な走りだしを見せている。

 「ジパング・おおきに大作戦」は「おおきに」や「どやさ」など、キャッチーな関西弁が散りばめられ、関西出身のジャニーズWESTらしいノリのいいポップな一曲で、センターを務める重岡大毅のさわやかな笑顔が印象的なMVにも注目だ。

 同作は、Jr.時代から共に活動をすることが多かった7人だけに、普段通りの素の表情が満載。年齢差を感じさせない遠慮ナシのやりとりは、まるで大家族の兄弟のようだ。メンバーはMV収録に関して、スタッフからの指示は「好きにやって」だけだったと、ラジオで語っている。

 ちなみに、同MVでは、重岡=赤、小瀧望=ピンク、桐山照史=オレンジ、中間淳太=黄色、藤井流星=青、神山智洋=緑、濱田崇裕=紫、とメンバーカラーが決まっているので、誰がどの文字や絵を描いたのかを注目するのも、楽しみ方のひとつだろう。

      

「ジャニーズWEST、ブレイクに向けて快走 新シングルで見せた「伸びしろ」とは?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版