>  >  > 若手ジャニーズの“いじられキャラ”

Sexy Zone松島、キスマイ横尾、JUMP岡本……実はおいしい“いじられキャラ”の若手ジャニーズ

関連タグ
JPOP
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
松下博夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140101-sexyzone-01.jpg

今年の夏、メンバーの流動化などでも話題を集めたSexy Zone。

 ジャニーズの人気グループにおいて、ほかのメンバーにちょっかいを出されたり、笑いのネタにされる“いじられキャラ”は、グループの魅力を引き立てる上で重要なポジションだ。

 たとえばSMAPでは、稲垣吾郎や草なぎ剛が、TOKIOでは城島茂が、V6では坂本昌行が、そのような役を買っている。メンバーが彼らの行動や発言をいじることで笑いが生まれ、場の空気が和むのはTVではお馴染みの光景だ。いじられキャラは朗らかで温厚なタイプが多く、その人柄に好感を寄せるファンも多い。

 若手のジャニーズグループの中にも、いじられキャラは存在する。グループの潤滑油として活躍する彼らは、自らの個性をネタにしており、そのいじられ方もさまざまだ。

 ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏に、今輝いている若手のいじられキャラを解説してもらった。

Kis-My-Ft2・横尾渉

「キスマイのいじられキャラといえば、ガチヲタの宮田俊哉さんという印象が強く、冠番組の『キスマイBUSAIKU!?』でも常にいじられてきましたが、最近では横尾さんも負けじと目立っています。芸能人たちがカラオケを披露する歌番組『UTAGE!!』で、実は音痴であることをSMAPの中居正広さんに突っ込まれて以来、“音痴キャラ”としてのポジションを明確にしつつあるのです。歌が苦手というキャラが定着した中居さんのお墨付きとあって、メディアでも急速に横尾さんの音痴ぶりが広まっています。いい意味でタレントとしての器を広げられたと思うので、第二の中居さんを目指して奮闘してほしいですね」

A.B.C-Z・五関晃一

「A.B.C-Zでは塚田僚一さんの強烈な天然ぶりも目立ちますが、新たないじられ方を体現しているキャラと言えば、五関さんがあげられるかと思います。彼は舞台などで“ゴセコ”という女性キャラを演じているのですが、その演じ方が妙に淡々としていて、メンバーにいじられても『わかったわかった』という感じで普通にこなしてしまうんですよね。“吸収系”とでも言えば良いのでしょうか、どんな風にいじられても、それを受け止める懐の深さがあるんです。また、ジャニーズJr.歴がとても長かったこともネタにしていて『あんまり長くJr.にいると五関コースだぞ』などと言って笑いを取ることもしばしば。キャリアがあってこその余裕がありますね」

Sexy Zone・松島聡

「松島聡さんは、Sexy Zoneの潤滑油的な存在になっていると思います。彼は鼻の下が長いことをメンバーにいじられていて、そこを触ると『ご利益がある』とされてきました。コンサート中には中島健人さんが彼の鼻の下を触ったりしています。また、ちょっと天然なところもあって、マリウス葉さんの誕生日を祝う時にひとりだけ寝ていたりしたこともあるそうです。とても性格が穏やかで、それゆえにいじられやすいタイプなのかと思います」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版