>  >  > YUKI、セクシーなアートワークまとめ

新作ジャケで過激ポーズ披露のYUKI セクシーなアートワーク群を振り返る

関連タグ
YUKI
JPOP
セクシー
ロック
動画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YUKIが9月17日にリリースする3年ぶりのオリジナルアルバム『FLY』のジャケット画像が「セクシーすぎる」として話題となっている。

 『FLY』には全16曲を収録し、初回生産限定盤(CD+DVD)、通常盤(CDのみ)、アナログ盤の3種類に分けて販売。ジャケットのデザインはそれぞれ異なり、オートバイの上で3つの扇情的なポージングを披露している。

 ネット上ではこのジャケット写真に対し「YUKIらしくてカッコイイ」「年齢を感じさせない、憧れる」「ほどよいエロさが良い」といった声が寄せられており、セクシーな表現をしながらも、好感を持って受け入れられていることが伺える。

 YUKIはこれまでも、絶妙な“エロス”を感じさせるアートワークを数多く打ち出してきた。本稿では、そんなYUKIのセクシーかつポップな表現にスポットを当ててみたい。

スカートの中から小人が飛び出す!?

YUKI『the end of shite』

 JUDY AND MARY解散後、初のシングルとして2002年にリリースされた『the end of shite』のMV。YUKIがスカートの中に手を入れて弄ると、その裾から小人が多数出てくるという描写は当時、過激であるとして放送を控えるテレビ局も多かった。YUKI曰く、「一人で勝手に始めちゃうわよ」という意味であり、ソロ活動スタートへ向けてのアートワークだったという。上記のYouTube公式動画でも当該のシーンはカットされているが、2005年リリースの映像作品『ユキビデオ』では、最後まで鑑賞することが可能だ。なお、ジャケット写真でも同様のポージングをしており、こちらも艶っぽい仕上がりとなっている。

YUKIが“ヌード肖像画”を披露!?

 YUKIの13枚目のシングルとなる『メランコリニスタ』のジャケットは、アーティスティックなヌードの肖像画が思わず目を引く一枚だ。YUKIの公式サイトによると、YUKIの造語である“メランコリニスタ”をイメージし、ドイツで人気のアーティストである山口智子氏が描き下ろしたもので、残念ながら(?)YUKI自身をモデルにしたというわけではないとのこと。MVもエロティックな仕上がりで、ガーターベルト風の衣装もさることながら、長い舌で手に持ったスプーンを舐め上げるシーンは特に刺激的である。官能的な行為を連想させる仕草は、YUKIが得意とする表現方法のひとつといえよう。

YUKI『メランコリニスタ』

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版