>  >  > 小野恵令奈の軌跡を振り返る

小野恵令奈、芸能界引退を発表ーーアイドルとしての軌跡を振り返る

関連タグ
AKB48
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小野恵令奈が、2014年7月15日をもって芸能界を引退することが発表された。

 小野は「えれぴょん」の愛称で親しまれているAKB48の元メンバーであり、2009年の選抜総選挙では11位にランクインし、グループの次世代を担う存在として期待されていた。2010年には同グループを卒業し、翌年7月よりソロ活動を開始。昨年は『タンクトップファイター』(テレビ東京系)でドラマ初主演を務めるなど、幅広い活躍を見せていたなかでの引退発表となった。

 初期のAKB48を支えたメンバーの一人として存在感を放っていた小野恵令奈、その魅力とはいかなるものだったのだろう。アイドルカルチャーに詳しいライターの田口俊輔氏は、彼女のグループ在籍時代の活動について次のように語る。

「小野恵令奈がAKB48のメンバーだったころは、前田敦子や大島優子とともに“太田プロ3姉妹”の天真爛漫な妹キャラとして活躍していましたし、渡辺麻友と並んで次世代のエース級と評するファンも少なくありませんでした。当時、小野のパフォーマンスについては、歌唱力の高さを評価する声もありましたが、秋元才加が本格派のボーカリストとして厚い支持を得ていたため、そこまで大きく取り上げられることはなかったです」

 また、卒業後のソロ活動に関しては、歌唱力や声質に対して「声が低くなった」という意見も少なくないが、同氏はこの変化について「迫力が増している」と評している。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版