>  >  > 「お面系バンド」人気の背景事情

いま「お面系バンド」が台頭中 マンウィズ、FACTらが人気の理由とは?

関連タグ
MAN WITH A MISSION
FACT
BEAT CRUSADERS
JPOP
お面
ロック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140202-manwith.jpg

海外進出も目前に迫っているMAN WITH A MISSION。

 狼のかぶり物をしていることでも注目を集めるMAN WITH A MISSIONが、3月12日にニューアルバム『Tales of Purefly』をリリースし、2014年の秋にはEpic Recordsより全米デビューが決定している。海外では以前から、スリップノットやダフト・パンクなど、かぶり物をすることで人気に拍車をかけたバンドやユニットは少なくない。日本でもまた、同じ要素で人気になっているバンドは沢山いる。ここではそういったバンド達を「お面系バンド」という形で紹介するとともに、なぜ今、そういったバンドの人気が高まっているのかに迫りたい。

BEAT CRUSADERS

 1997年から2010年にかけて活躍した日本のお面系バンドであり、海外ファンからの評価も高かったバンド。メンバー全員が自分の似顔絵が描かれたお面を被っていた。ストレートな英語詞と、洋楽の面白い部分を数多く取り入れたサウンドは、高く評価された。また、ライブでは素顔で演奏したり、卑猥なコール&レスポンスをすることから、その部分を楽しみに足を運ぶファンも少なくなかった。惜しまれつつも2010年に解散してしまったが、当時のメンバーは別々のプロジェクトで現在も活躍している。

MAN WITH A MISSION

 エレクトロサウンドとロックを取り入れた、エモーショナルなミクスチャーサウンドと、物珍しい見た目で若年層のファンから人気を獲得している。ライブでも素顔を見せることはなく、MCもカタコトでおぼつかない日本語を話すなど、頑なにその匿名性を守っている。しかし色物という訳ではなく、ライブやフェスでの動員やCDの売り上げも高いことから、実力派のバンドであることが伺える。

FACT

 1999年に結成。ハードコアやスクリーモ、スラッシュメタルなどの骨太の音を軸に、ドラムンベースなどダンスミュージックを混ぜ込んだ、多才なバンド。このバンドは日本よりも先に海外で評価され、2009年8月にイギリスのSonisphere Festivalに出演した。彼らはメジャーデビュー以降、能面を被った姿でミステリアスな雰囲気を演出しており、それもファンに人気の要因とされている。ライブでは素顔を見ることが出来るので、気になる方は行ってみることをおすすめする。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版