総工費380億円の豪華プライベート列車プロジェクト ジョブズ氏のヨットデザイナーが考案

総工費380億円の豪華プライベート列車

 仏デザイナーのティエリー・ゴーギャン氏は、総工費3億5000万ドル(約384億円)にのぼる、“世界初のプライベート豪華列車”のレンダリングを公開した。同氏は、スティーブ・ジョブズ氏のプライベートヨット「Venus」の設計にも携わった人物だ。

 米メディア『CNN Travel』の取材によると、「Palace on rails(=レールの上の宮殿)」と名付けられたこの列車は、約18名の宿泊客を収容する設計で、時速160kmで南北アメリカと、ヨーロッパを走行する鉄道としての運行を想定しているとのこと。

 列車内には、所有者の部屋に、居住エリア、ウェルカムホール、娯楽スペース、ゲスト用エリア、社交室、レセプション用のグランドサロンなどが備わっているようだ。

CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより

 ゴーギャン氏は「列車は舞台だ」と述べており、「時間との関係を変えるために、光、季節、ペースを変えることができる」としている。外の景色を楽しみたいときは、ガラスを透明モードに切り替えることができ、そのほかの景色が見たいときは、ガラスを不透明に変更して、自分の見たい映像を映し出せる仕様だという。

 また「これは公共列車でも旅客列車でもない。所有者のいるプライベートなものを想定している」と述べ、この列車を買うような、自分と同じくらい“狂った人”を見つける必要があるかもしれないと語った。費用は約384億円ほどで、プロジェクトの構築には少なくとも2年半かかる見込みだ。

 昨今の環境保護意識の高まりから、ゴーギャン氏は、今後数年間で列車の人気はさらに高まると予測している。「移動手段に関しては、列車ほど持続可能なものはない。その点について飛行機はかなり遅れているし、他の手段も大量のエネルギーを消費する」。

 同氏は“狂った”顧客を見つけ出し、「Palace on rails」を現実のものとすることができるのだろうか。

CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより
CNN Travelより

(画像=CNN Travelより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://edition.cnn.com/travel/article/worlds-first-private-luxury-train-concept/index.html
https://www.thenationalnews.com/travel/2021/07/18/on-the-luxe-track-french-designer-thierry-gaugain-unveils-futuristic-private-train/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる