未開封の『スーパーマリオ64』が1億7000万円で落札される 世界一高価なビデオゲームに

『スーパーマリオ64』が1億7000万円で落札

 7月11日、任天堂が1996年に発売した北米版『スーパーマリオ64』がオークションで156万ドル(約1億7,000万円)で落札され、史上最高価格のビデオゲームとなった。これは『ゼルダの伝説』が87万ドル(約9,600万円)で最高記録を更新したわずか2日後のことだ。

 今回出品されたのは未開封の初期ロット品で、オークションを主催するHeritage Auctionsが「えっと、これについては言葉が出ない。息をのむほど状態が良いソフトだ」と述べるほどの保存状態だったようだ。現に商品の査定を行うWata Scaleからは、9.8(10点満点中)の高評価を受けている。

 昨年7月には『スーパーマリオブラザーズ』が114,000ドル(約1,260万円)で落札され、その4ヶ月後、『スーパーマリオブラザーズ3』の未開封品が記録を上回る156,000ドル(約1,720万円)で落札された。

 さらに今年の4月、同じく『スーパーマリオブラザーズ』が66万ドル(約7,300万円)で落札されるなど最高価格の更新ラッシュとなっている。今回は2位の『ゼルダ』に1.5倍以上の差をつける記録を叩き出したが、その上をいくプレミアゲームは登場するのだろうか。

(画像=Heritage Auctionsより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://www.theverge.com/2021/7/11/22572688/super-mario-64-most-expensive-video-game-ever-heritage-auctions
https://comics.ha.com/itm/video-games/super-mario-64-wata-98-a-sealed-n64-nintendo-1996-usa/a/7261-28137.s?ic4=OtherResults-SampleItem-Thumbnail-022817&tab=ArchiveSearchResults-012417

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる