BMWがゲーミングチェアのコンセプトを発表 AI搭載で健康管理も可能に?

BMWのAI搭載ゲーミングチェア

 ドイツの自動車メーカー・BMWがeスポーツ向けの次世代シートシステム「The Rival Rig」のコンセプトを公開した。

 まるで車のシートのようなフォルムに、近未来を想像させるデザインのゲーミングチェアだ。宇宙船やF1カーを元に製作され、チェアの背骨に沿ってRGB照明が搭載されており、ゲーム内の情報を反映する。

 さらに「The Rival Rig」には、驚くべきシステムが搭載されている。マイクロクライメイトコントロールシステム(四季に合わせて温度変更するシステム)やアダプティブシーティングを搭載し、センサーや空気圧式エアパッド、電気機械式アクチュエーターなどの機能を、AIが管理するというのだ。

 これらの機能がプレイヤーの健康状態を感知し、プレイヤーに合わせてパフォーマンスを向上させるようサポートするという。

BWMより

 

 このプロジェクトは「人間の能力の限界を押し広げることを目的に、技術と美学の両方を次のレベルに引き上げるため遂行された」とデザイナーは語る。そして何よりもプレイヤーがゲームに没頭し、無重力状態を体験できるようなゲーミングチェアを目指したという。

 現在は販売の目処は立っていないが、製品化される日はそう遠くないかもしれない。ゲームを通して、近未来を想像させる技術と美学の融合に今後も目が離せない。 

(画像=BMW Design Worksより)
(Source)
https://www.pcgamer.com/bmw-rivalworks-the-rival-rig-gaming-chair/
https://www.bmwgroupdesignworks.com/live-from-bmw-welt-the-esports-industry-assembles-virtually-at-bmw-esports-boost-premiere-for-the-rival-rig-from-rivalworks/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる