合計20億円超え? 米医師のMLBカードがオークションに登場

合計20億円超え? 米医師のMLBカードがオークションに登場

 米フロリダの医師が収集していたMLBカードが、総額20億円以上で売れる可能性があることがわかった。

 1980年代からカードを集めていたトーマス・ニューマン氏は、コロナウイルスの合併症により今年1月に亡くなった。その後同氏の家族はコレクションを売却しようと、オークションサイト、メモリレーンオークションへの出品を決めた。カードを確認した専門家によれば、その価値は合計で約2,000万ドル(約21億8,000万円)ほどになるという。

 コレクションには、ベーブ・ルースや、ミッキー・マントルのルーキーカードといった超貴重なレアカードのほか、ホーナス・ワグナー、テッド・ウィリアムズ、サイ・ヤングといったスター選手のカードが揃っている。

MEMORY LANEより
MEMORY LANEより
合計20億円超え? 米医師のMLBカード
MEMORY LANEより

 メモリーレーン社長のJPコーエン氏は、「ベーブ・ルースの1933年『GOUDEY #53』は、500万ドル(約5億4,000万円)以上で売れる可能性がある。同種の中で最も良い状態で、過去の記録を破るかもしれない」と述べた。同氏の言う記録とは、今年1月に520万ドル(約5億6,700万円)で落札された、1952年のミッキー・マントルのカードで、スポーツカードでは史上最高価格となった。

 オークション関係者によると、ニューマン氏のコレクションへの入札は6月21日に開始され、7月10日に終了する予定だ。果たして最高価格の記録更新となるのだろうか。

(画像=MEMORY LANEより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://memorylaneinc.com/
https://www.tmz.com/2021/05/17/florida-doctor-20-million-baseball-card-collection-hits-auction-after-covid-death/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる