『月曜から夜ふかし』でおなじみの“桐谷さん”、密かにTikTokでブレイクしていた

 近年は、SNSを駆使して一般人でも多くの支持を集めることができる時代となった。意外な特技や独自の個性を強みにできる人ほど、こうしたプラットフォームでは人気を獲得しやすい。また、テレビで話題になった人物が場所を変えて再度ブレイクするきっかけにもなっている。キングコング梶原雄太(カジサック)やオリエンタルラジオ中田敦彦のYouTubeや、チュートリアル徳井義実のTikTokなどが、その代表例として挙げられるだろう。

 そんな中、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)への出演をきっかけに注目を集めた“桐谷さん”こと桐谷広人氏が、密かにTikTokを開設。一躍人気アカウントへと成長しているのをご存知だろうか。

 桐谷さんは自身がTikTokを始めた理由について「私の知り合いの演歌歌手の方(山口かおる)が『私の曲でTikTokをとりなさい』と言ってきたので、それで踊ったのがきっかけでした」と配信内で語っている。実際、アカウント開設後の初投稿は山口の持ち歌「牡蠣のうた」に合わせてダンスを踊るというものだった。

@hirotokiritani0

桐谷広人です。質問がありましたらどうぞ。

♬ My Revolution – Misato Watanabe

 そして、この投稿がTikTokユーザーの心をつかみ、いきなりの大ヒット。再生回数はなんと、約130万回を記録し、コメント欄にはかつてテレビで見た桐谷さんがTikTokをはじめたことに驚く声が多数寄せられた。

 もともと将棋棋士であった桐谷さんは、株式投資をはじめたことをきっかけに、ほぼ株主優待だけで暮らす「優待生活」を送ることとなる。バラエティ番組では自転車を高速でこぎ、株主優待を消化するために分刻みのスケジュールで町中を駆け巡るという、個性際立つその姿が話題に。トークの面白さとともに、裏では投資で着実に資産を増やし、株主優待でおトクに生活するというライフハッカー的な生き様が、彼を一躍有名人に押し上げた。桐谷さんがTikTokに2回目の投稿をすると、アカウント開設から一ヶ月もたたないうちに10万フォロワーを突破。さらに動画の中では質問を募集し、TikTok LIVEを通して積極的にファンと交流する様子も見られた。

 4月10日に1時間ほど行われたTikTok LIVEは約8万人のユーザーが視聴。桐谷さんは15問ほどの質問に答え、普段株主優待券を入れるのに使っているポーチを披露したり、株についても丁寧に回答した。さらに毎日乗っている自転車へのこだわりなども明きらかになるなど、より彼の人となりにフォーカスしたライブ配信となった。このTikTok LIVEの配信日に桐谷さんはフォロワーをさらに1万人ほど増やし、とうとう11万フォロワーを獲得。その後も動画の投稿は続き、視聴者へのお礼と共に今後を期待させるような発言も見受けられるなど、ますますTikTokでの存在感を強くしていくのではないだろうか。