『マリオカート8』が米国で最も売れたレーシングゲームに 『マリオカートWii』の記録を抜く

 『マリオカート8』が、米国で最も売れたレーシングゲームとなった。これは、オリジナルのWii U版と、Switch版の『マリオカート8 デラックス』を合算した記録だ。

 任天堂が昨年末に公開した販売データによると、『マリオカート8デラックス』は世界で3,341万本販売されており、Wii U版は845万本で、2作の合計は4,186万本と、2008年に発売された『マリオカートWii』の3,738万本を上回った。米国での正確な販売本数は定かではないが、米調査会社NPDグループのマット・ピスカテラ氏は、『マリオカート8』が米国でベストセラーのレーシングゲームとなったと述べている。

 Switchはソフトだけでなく、ハードウェアでもさらなる記録を打ち立てようとしている。

 同デバイスは、2017年3月からの4年間で7,987万台が販売された。これはDSの1億5,400万台、Wiiの1億160万台、ゲームボーイの1億1,870万台、ゲームボーイアドバンスの8,150万台に続く、任天堂で5番目に売れたゲーム機となる。

 任天堂は今年3月までにさらに2,650万台を販売すると予測しており、Switchはおそらくゲームボーイアドバンスを抜き、同社で4番目の大ヒット商品となることだろう。

(画像=nintendo lifeより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://www.nintendo.co.jp/ir/en/finance/software/index.html
https://www.nintendolife.com/news/2021/04/mario_kart_8_becomes_the_best-selling_racing_game_in_us_history
https://www.nintendolife.com/news/2021/02/nintendo_switch_has_overtaken_3ds_lifetime_sales_in_just_four_years