2.3mmの超薄スタンドでiPadがミニPC化! 『Majextand M』と周辺機器を紹介

 スマホやタブレットは、もはや私たちの生活に欠かせないガジェットだ。

 すでにスタンドを活用している人もいるかもしれないが、実は今、驚くほど薄くてスマートなスマホ・タブレットスタンドがクラウドファンディングにて先行予約を開始している。

 今回は、画期的なスタンドをご紹介し、併せてタブレットをミニPCとして使用するための、iPadの周辺機器をご紹介する。

スマホ・タブレット用スタンド『Majextand M』とは?

 『Majextand M』とは、ノートパソコン用スタンドの『Majextand』に続く、次世代のスマートフォン・タブレット用スタンドだ。シンプルなデザインかつ機能的で、今までのスタンドの概念を覆す。

『Majextand M』が次世代のスタンドである理由

1.紙のように薄い

 薄さは、わずか2.3mm。こんなにも薄いスタンドはなかなかない。

 『Majextand M』は、ポケットやハンドバッグに簡単に収まるほど薄く、最適な高さまで持ち上げることができる。縦方向だけでなく、横方向での使用にも対応。即座に向きを変えられるので、用途に応じて最も快適な方法を楽しむことが可能だ。

 シンプルでミニマルなデザインを求めている人には最適。なめらかな金属面、正確な調整、強化された構造の組み合わせは、とても美しい。

2.薄くても、頑丈な設計

 スタンドを毎日使用する人は多いだろう。日々持ち歩くときに、鍵やその他ガジェットと一緒にバックパックに入れたり、ポケットに入れたりする可能性もある。

 2.3mmという、薄くて細い構造で、長期間使用できるのかが不安のところだが、『Majextand M』は耐久性のあるステンレスを使用しているので安心。30,000回以上の折りたたみを経た後でも耐久性に問題がないことを確認されているのだ。


 また、薄いステンレスを使っているにも関わらず、高い安定性を保つ。強化されたベース部分は、軽く指があたっただけでは倒れることはない。

3.人間工学にも基づき、角度を自由自在に変更できる

 Majextand Mでは、0°から90°という大規模な傾斜範囲及び高さ調整を可能。

 一般的なスタンドでは、調整出来る角度が制限されているものもあるため、背中を丸めて画面をじっと見つめる必要が多々ある。『Majextand M』では革新的なデザインにより、正しい姿勢で快適にスクリーンに顔を向けることが可能だ。


 スマートフォンを始めとするデジタルデバイスの操作や閲覧は、想像以上に体に負担をかけている。言うまでもなく、不適切な姿勢が引き起こす首や眼への影響は非常に大きい。『Majextand M』なら、人間工学に基づく快適な姿勢のための高さと角度調整が簡単に行える。


 0°から90°まで調節できることのメリットは、写真やビデオ通話でも役立つ。自分が撮りたい角度での写真を撮ったり、仕事でのオンライン会議やライブストリーミングでも顔の角度を変えながら映像を映せるので便利。プライベートでも、仕事でも、両場面で活躍すること間違いなしだ。

1つのスタンドで様々なデバイスに対応

 通常、iPhoneのためのスタンドはiPhone専用、タブレットにはまた別の専用スタンドが必要となることも多いが、『Majextand M』が一つあれば、ほとんど全てのデバイスでの使用が可能だ。Nintendo Switch、Amazon Kindle、Apple iPhone、iPad、Samusung Galaxyをはじめとする多くのデバイスで使用することができる。